ケイリン 銅メダリスト サイモン選手 特別インタビュー     assist 湯川代表・・・(1)

今回の気になるあの人は、エボルバーの湯川竜代表からのご紹介&通訳で、ロンドンオリンピック銅メダリスト“サイモン・バン・ベルトーヘン”さんの特別インタビューをお届けします。

 この日、大垣競輪から湯川代表に会うために駆けつけたというサイモン選手。

 

ラッキーないきさつはこちらから

 

 

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、サイモン選手は現在、海外からの招へい選手として日本の競輪でも活躍中! というわけで、最初の質問はかなりベタですが、

 

Q1)トラックレースのケイリンと日本の競輪との違いは? からインタビューStart

 

一番大きな違いは、日本の競輪はチームを組んで戦う“ライン”と言われる戦法があること。トラックレースのケイリンは“単騎”決戦。みんなひたすら優勝を狙っていくので、同じレースの出走者同士で協力し合うなんてありえません。だって、自分が損をするかもしれませんから(笑)。そのため、レース結果は体格や筋力など圧倒的なパワーから生じる“速さ”に比例するのが普通です。だから、2010年に初めて日本の競輪界から招待を受けた時は、競技の世界で実績も積んできたし、自分なら優勝だって狙えるんじゃないかと楽観的な気分で来日しました。

ところが、いざレースが始まってみたら自分の走りを全然させてもらえないし、レース展開も読めない。「そんなのアリ~」という感じ(笑)。これは、かなり衝撃的でした。と同時に、たった5周のレースの間に想像もしていなかったような駆け引きがある、そのことを新鮮でエキサイティングに感じました。

また、4周目までは先頭誘導員と言われるペースメーカーがいるのも、競輪独特のルールです。(ケイリンにもペーサーと呼ばれる先導員はいますが、電動自転車に乗っているのが普通で先頭選手の風除け的な役割が強く、コース離脱もラスト1周ではなく2~3周になります)。

競輪の先頭誘導員には、周回中の制限タイム内に選手を走らせる役割があるため、選手同士がけん制し合い、レース序盤で先頭を譲り合った結果レースタイムが遅くなるという傾向がケイリンに比べると弱くなります。そのため、日本の競輪は展開が“速く”“テクニカル”という印象を持っています。

今回で、来日3回目のチャレンジですが、これまでの経験をバネに、日本の競輪対応の戦術を練って、肉体的にも精神的にもさらに成長したいと考えています。

競輪はただ力任せに走っても勝てない。他の選手の心理とレース展開を読み、駆け引きしながら優位なポジションに進み出て、GoalではWinnerになる…。

質問の答えとはちょっと違いますが、競輪での経験はケイリンにもフィードバックされ、結果に結びついている実感があるので、トレーニングとしての価値も大きい。日本での競輪体験はいろんな意味で刺激的です。

 真剣な表情で通訳をしてくださる湯川代表

 

Q2)トレーニングといえば、日本でのトレーニングはどうしているのですか?

 

滞在中は、競輪学校に併設された宿舎で仮住まいしています。なので、レースの合間のトレーニングも競輪学校をベースに行っています。設備も使用させてもらえるため、天候やコンディションに応じてローラーなどの室内トレーニングや、バンクやロードでの走行トレーニングなどを行っています。偶然、競輪学校のトレーニングも目にすることもありますが、欧米のトレーニング理論とは異なる部分もあり、興味深いですね。

 

 

Q3)競輪用の自転車はどうされていますか?

 

  英語がサッパリのスタッフのため身振り手振りも交え、真剣に答えてくれるサイモン選手

 

競輪用の自転車は基本的にニュージーランドから運んできて、乗り慣れた車体でレースに臨んでいます。また、ケイリンと競輪では乗車姿勢そのものが違います。ケイリンでは、極端に言えば体全体が水平に寝ているような状態でペダルを漕ぎます。ですから、自転車もそれぞれの競技によって違うものを用意しています。実は、今日、湯川さんとアポイントを取ったのも、エボルバーのバイクに関心を持ったからなんです。

 

 

 

・・・と、今回はここまで。サイモンさんのインタビュー、まだまだ続きます。

次回もご期待ください!

続きはコチラから

 

 

…………………………………………………………………………………………………………

【取材MEMO】

 サイモン・バン・ベルトーヘン選手

自転車競技(トラックレース)選手

2012ロンドンオリンピック・ケイリン 銅メダル

2010年4月より、JKA(ジェイケーエー)短期登録選手として日本の競輪界でも活躍。

1988年12月8日生まれ

身長185cm、体重 92kg

ニュージーランド・パーマストンノース出身

http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/membprofile?SNO=130078

http://www.simonvanvelthooven.co.nz

 

 


コメントは受け付けていません。