ゼロスタート
/競輪選手・古田勇治選手&花村直人選手インタビュー

当たり前のようで、意外に軽視しがちなゼロスタート。

まさかそんなに「力」や「気」を使っているとは思っても見なかったスタートについて

競輪選手の古田勇治選手(以下古田)と花村直人選手(以下花村)に色々お話をうかがったので紹介します。

そもそも、今回の取材は“きっと話しているうちにおもしろい話が聞けるだろう~。とりあえず競輪の魅力を聞けばいいかなっ”と気楽に臨んだんですが、本当に興味深い話が聞けました。

トラック競技をされてる方にとって見れば、何をいまさら・・・のことかもしれませんが・・・紹介します。

 

スタッフ「最近どんな練習してますか?」

古田「今はゼロスタートの練習に力をいれてる。

アマチュアの時は1000mタイムトライアルとか試験があるから、スタートの練習はしてたんだけど、発走機を使って練習する選手ってあんまりいないんだよね。」

スタッフ「ゼロスタートって?」

古田「自転車って動いてるところから踏み出すのってラクでしょ。でも競輪のスタートは発走機で固定されて止まっている=ゼロから、踏み出すのはスゴク体力を使うんだよね。」

 

スタッフ「競輪って号砲が鳴って発走機が解除されるからスルーって出れるんじゃないの?」

花村「何言ってるの!?!?あれはロックが解除されるだけ。

自分が踏み込まないと進まないよ!決して押し出してくれるわけじゃないからね。

押し出してくれるなんて思ってる人がいるなんて・・・・・まじっすか(苦笑い)」

 

スタッフ「押し出してくれるとは思ってなかったけど・・・失礼しました・・・。にしてもそんなに体力つかうの?」

古田「車もそうだよね。スタートするときは一番燃料を使う。ソローっとゆっくり行けばいいんだけど。ロックがとかれて自分の力で踏み込んでスタートする。この時はホントに力を使うよ。」

 

スタッフ「レースので一番力を使うって言ってもいいくらい?」

花村「そうともいうかな・・・。

競輪って9人で走るでしょ。

 

1番車から順に内枠から並んで、例えば中部・近畿・九州みたいにだいたい3つのラインに別れるわけよ。それで今回、中部は前を取っていこう!って作戦で決まったら、誰が前を取りに行くかってなる。普通に考えると一番内枠の人が取りに行くわけ。で、それが自分だった時“マジで~!”って思ったりするよ。前を取らなきゃいけないというプレッシャーもあるし、もちろん結構足使うし・・・、めちゃくちゃ緊張する・・・。」

 

スタッフ「え~!?緊張するの?」

古田・花村二人声を合わせて

「そりゃ~するさ。それで作戦が変わってくるもんね」

花村「何度も言うけど結構脚使うし、それに頭も、気も使う・・・・」

 

スタッフ「ちなみに一番外枠9番車の時に前とってくださいって言われたことは?」

古田「あるよ!もうその時は必死・・・・。緊張も半端ないね」

 

スタッフ「じゃあ、具体的にスタートの練習はどんな風にしてるの?」

 

古田「誘導選手用の発走機に自転車をセットして自分のタイミングでスタートする。

これを繰り返すだけ。

最低200m走って、2~3分休憩して・・・・を5回位。

それで結構疲労がくるんだよね・・・。」

 

111

111

 

スタッフ「えー!?悪いけど周りで見てたら地味でたいした練習してないように思ってしまう・・・・。」

花村「でも、結構えらいよ・・・・選手はやりたがらないよね。古田さんすごいわ。」

古田「俺は今、コレが必要かなって思ってて・・・・。負荷をかけた練習が必要かなって。ダッシュがつくし・・・・そう・・・ゼロスタートからのダッシュってものすごく辛いわけよ・・・」

花村「ゼロ発進の練習っていうのは、年をとればとるほどえらいよね・・・・同じコトで

スピードが落ちれば落ちるほど上げていくのは辛いしね。」

古田「だから、2本位すると体がホント動かなくなってくる。

負荷をかけた練習が必要かなってことで山を登ったりもしてる。そりゃ~キツイよ。もちろん息がハァハァ上がるし」

花村「でも負荷をかける練習がイヤって言う人もいるよね。」

 

スタッフ「そりゃあイヤでしょ。キツイから」

花村「ちがうちがう。そういう意味じゃなくて、負荷をかける練習がプラスになるかどうかわからんっていうこと。回転の軽いところで練習すればイイんじゃないって言う人もいる。それは本当に色々。選手もたくさんいて、体力も体格もみんなバラバラ・・・考え方もね。」

 

スタッフ「古田さんはゼロスタートの練習いつからしてるの?」

古田「半年位前からかな。助言もちょっとあったんだけど、昔やってた練習、自分が調子が良かった時の練習を思い出して・・・・原点に戻ったって感じかな」

 

と、すごく興味深いお話を聞くことができました。

 

以前はよく競輪場でライブで競輪をよく見ていたスタッフですが、ゼロスタートという観点で観戦したことはなく、本当に驚きました。

競輪はスポーツだ!!と知ったかぶって言っていた自分がとても恥ずかしくもなり・・・・。

まだまだ知らないことの多い競輪。

少しずつ紹介していければと思っています。

 

このゼロスタートの話を聞いた直後に、中部地区プロ選手競技大会、1000mタイムトライアルにて、実際にゼロスタートを見ることができたので紹介します。

 

気合を入れてスタート合図を待つ猪俣選手

 

一番キツイといわれる最初の踏み込み・ゼロスタートです。

 

写真からも歯を食いしばって踏み込んでいるのがわかります

 

この時のギアは4倍超でした。

※この競技後、乳酸が溜まる・・・の記事へとつながります。

 

みなさんも、競輪やトラック競技を観戦する機会があったら、ぜひスタートに注目してくださいね。

 

 

古田さんと花村さんとの話はいつまでももりあがりました・・・・。

ゼロスタート以外の練習についてもお聞きしたので、次回紹介いたします・・・・。

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

 

facebookもよろしくお願いします♪


コメントは受け付けていません。