三重で世界に誇るジャパンメイドのBIKEブランド発見!

皆さん、こんにちは。今回は、シッチーがしばらく前から気になっていた、サイクルショップ「WILSON CYCLE BLACK(ウイルソン サイクル ブラック)」を訪ねて

三重県桑名市まで志知散歩してきました~。

 

取材にご協力いただいたWILSON店長にしてMULLERエンジニアの植田裕久さんと

 

 

国道一号線沿いにあるWILSON CYCLE BLACKさんの店舗は、

ウッディ―でオシャレな看板が目印です。

 

そもそも、WILSON CYCLE BLACKに行きたいと思うようになったのは、

雑誌で「MULLER(ミューラー)」という自転車ブランドを目にしたのがキッカケ。

で、地元(岐阜)の近辺で扱いショップを探したところ、

実は桑名にあるWILSON CYCLE BLACKの店長(社長)の植田さんが、ミューラーのエンジニアでもあると知り「これは行くしかない!」と。

実は取材当日が待ち切れず、レースの合間をみて事前にお店訪問してしまったくらいです。

改めて志知散歩として訪れたこの日も、到着するなり気になったのは先日見せてもらった

限定フレームのこと。

というわけで、まず、その限定フレームのことから植田店長にお伺いしてみました。

 

これこれ、このフレームです。今日、改めて見てもやはりカッコいいですね。

 

ありがとうございます。このフレームは、イタリアのコロンバス社がケイリン用にと、

約30台分だけ特別に製作したパイプです。

非常にいいパイプだったので情報を入手してすぐに動きましたが、

売れてしまった分もあり、27台分をなんとか確保できただけでも幸運という感じでした。

 

27台分というと、いま何フレーム残っているのですか?

 

お陰様でもう完売に近い状態で、実は、いま、志知さんが持っていらっしゃるのが最後の1点です。

 

えっ、これで終わりなのですか?

追加生産とかは?

 

メーカーの方で同じパイプを製造する予定がないため、もし手に入るとしてもいつになるか‥‥。

 

いいものは売れ足も早いということですね。手に持った感じで、全体の重さのバランスがいいですし、また、デザインもさりげなく小技が効いていてすごくいい感じです。

 

 

志知さんからご覧になってデザインのどの辺が気に入られたのですか?

 

まず、塗装ですが、一見ただのブラックに見えて、光が当たると微かに青味がかっており、

光線の加減で微妙に色が変化するところ。ブランドロゴも艶消しでさりげなく入っていて、

光沢の中に一部マットな部分があることで、フレーム全体が締まってスッキリして見えます。

 

そこまで見ていただけるとうれしいですね。メッキ部分なんかも工夫しています。

 

そうですね、全体としてまとまり良く美しさを感じるのが魅力だと思います。

これ、フォークは(材質)なんになるのですか?

 

フォーク部分はクロモリで製作しています。

 

クロモリですか、それもいいですね。

(シッチーの心の声。コレ欲しいなぁ、しかし、まずは取材をしなくては)

 

植田さんが自転車をつくる上でこだわっていることはなんですか?

 

1番はパイプの材質です。例えば、同じチタン素材を使用する場合でも、

品質(規格)にこだわるのはもちろん、製造工場やいつ頃つくられた製品か(ロット)等まで

細かく基準を設け、自分の目で品質を確かめたものを使用するようにしています。

 

同一ブランドの同一車種であっても、年度によってアタリハズレがあるように感じるのは、

そういう材質の違いも関係しているのでしょうか?

 

おっしゃる通りです。規格が同じ製品でも、どの工場で、

さらにいつ造られたか等によっても品質に微妙な違いが生じるため、

それが組み上げた時に結構大きな差になって出てしまうのだと考えられます。

そういうことを防ぐため、最良の材質のパイプを求めて

海外の現地工場まで足を運ぶこともあります。

特に、限定モデル用のパイプなどは、常にアンテナを張り、

いい情報を聞き逃さないようにしています。

 

そこまでされるのですか。

限定モデルの評判が良くても追加製作されないのはそのため?

 

はい。お客様には一番いい状態の自転車をご提供したいので、

そこは絶対に妥協したくない点です。

 

 

(ウ~ン。ここまで聞くと、ますますさっきのフレームが気になる‥‥)

 

すいません、さきほどのフレームの試乗車はありますか?

ぜひ、実際に乗り心地を確かめてみたいのですが。

 

 

少しお時間を頂ければ、

MULLERの会社事務所の方にあります。

お待ち頂いてもいいですか?

 

植田さんの話を聞けば聞くほど、先ほどのフレームが気になってしまったシッチ~。

ついにお願いして試乗車を持ってきて頂くことに~。

 

と、今回の志知散歩はここまで。

 

 

試乗レポートは次回、お届けします。

お楽しみに!

       最後にチラッと次号予告の勇姿です

 

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【取材memo】

WILSON CYCLE BLACK (ウィルソンサイクル ブラック)

三重県桑名市矢田磧21(国道1号線沿い)

電話:0594-24-6122

10:00-20:00  水曜日定休(臨時休業あり)

http://wilsoncycle.jp/

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

  

  

 


コメントは受け付けていません。