自転車メンテナンス クリーンアップ篇

いよいよ今年も残すところあとわずか。

一年間頑張ってくれた自転車もキレイにして新年を迎えたいですよね。

とうわけで今回はスペシャルアドバイザーに競輪選手の浅見敏也さんをお迎えし、

自転車メンテナンス クリーンアップ篇をお届けします。

 

(では、以下、ちょっと実況風に)

 

サイクルジャム(以下、サ) こんにちは浅見選手。

本日はお忙しい中、サイクルジャムの強引なお願いをお聞きくださり、

本当にありがとうございます。

 

浅見選手(以下、敬称略) かまいませんよ。でも、自転車メンテナンスでなぜ私を?

 

サ) 以前、エボルバーバイクスで深谷選手と金子選手を取材した時、浅見選手が途中からお見えになって、その時に自転車のメンテンナンスの話になったのを覚えていらっしゃいますか?

 

浅) そんなこともあったかなぁ。で?

 

サ) その時浅見選手が、「自転車のメンテナンスは自分でやる派。

長年、自分で整備してるし、やり方にもこだわりがあるんだ」と、おっしゃっていたのです。

それ以来、機会があったら浅見選手に自転車のメンテについてお聞きしたいと思っていました。

 

浅) そういうことなら納得です。そんな話をしたような記憶も確かにあります。

じゃあ、早速はじめましょうか。

表にプライベートやロードトレーニングで乗っている自転車と、

私がいつも使っているメンテ用品の中から「コレいい!」と、

特にこだわって使っているものを持って来ました。

 

サ) 助かります。では、宜しくお願いいたします。

 

 

浅) メンテでまず必要な工具と言ったら「メンテナンススタンド」。

自分もいくつか持っていますが、これはその中で一番本格的なものです。

高度なメンテナンはプロに任せているという人は必要ないかもしれませんが、

クリーニング程度のメンテでも立ったまま作業できて楽ちんだし、

シート裏とか見えにくい部分もきちんと見えるのでとても便利です。

 

PARKTOOL(パークツール) PRS-21 スーパーライトチームレーススタンド 

 

PARKTOOL(パークツール) スーパーライトチームレーススタンド PRS-21

 

サ) 浅見選手はだいたいどういう順番でクリーニングされるのですか?

 

浅) まず、大きめのブラシを使い、表面のゴミやちり汚れのようなものを

払い落としていきます。その後、軽く水拭きします。

ポイントは自転車の上から下へ、汚れの軽い場所からひどい酷い場所へと

作業すること。ここまでは日常的に良くやる手入れで、

道具も特別なものは使っていません。

 

サ) では、次はどういう手入れを。

 

浅) チェーンとギア周りはかなり頻繁にクリーニングと注油をしています。

 

サ) その辺りはどのように手入れをされるのですか?

 

浅) 実はここからが私のこだわりで、パーツクリーナーや注油用オイルに

自動車やバイク用のものを使うんです。

 

サ) それはどういったわけで?

 

浅) もともとバイクや車も好きで、メンテもある程度自分でしていました。

で、ある時「自動車やバイク用製品で自転車をメンテしたらどうなんだろう?」と

思いつき、試してみたらこれが結構良かったんです。

容量が多いためコストパフォーマンスも良く、

頻繁に複数の自転車のメンテをする自分のようなタイプには向いています。

 

サ) 具体的にはどういうモノをお使いなのでしょう?

 

浅) パーツクリーナーはこのモノタロウの

「強力 自動車ブレーキ&パーツクリーナー2000」が気に入っています。

大容量でコスパがいいのでガンガン使ってきれいにできる

 

超強力 ブレーキ&パーツクリーナー2000 中速乾

 

もともと、車のブレーキライニングやブレーキドラム等にくっついた

オイルとかグリースの汚れを落とす製品ですが、

自転車の汚れも楽にきれいに落とせます。

しかも、中速乾性なのでウエスに付けて使うのにも便利です。

私は分解クリーニング時、Oリング等のゴム製品もこれで拭いています。

 

ただし、チェーン部分はこのKUREの「チェーン専用クリーナー」が一番ですね。

スプレーの勢いもあり、洗浄力が強いです。

 思いついたった時にサッとクリーニングでき、手間もかからず便利

 

KURE [ 呉工業 ] チェーンクリーナー (760ml) チェーン専用洗浄・防錆剤 [ 品番 ] 1017 [HTRC2.1]

サ) 自動車用を使った場合、特別に使用上の注意とかいりますか?

 

浅) 取扱い説明書に従えば大丈夫ですよ。

基本的には自転車用クリーナーで一般的に言われていることと同じです。

ブレーキパッドとその周辺、またグリースが入っている部分には

かからないようにするとか、浸透性の高い溶剤になるので

プラスチック部分にもかからないようにするとかですね。

また、最近は自転車の種類や素材もいろいろあるので、

材質や塗装方法によっては問題が起きることがあるかもしれません。

始めて使う場合は目立たない箇所でちょっと試してみて、

大丈夫かどうか確認してみるといいと思います。

あと、潤滑油についても上記と同様の注意が必要です。

 

サ)  潤滑油の話題が出ましたが、クリーニングの後に使う潤滑油にもこだわりがあるのですか?

 

浅) ありますよ(笑)。
製品と言うよりメーカーですが、オイル関係はほとんど『EPL』とい
メーカーのものを使っています。

中でも1番活躍するのは「EPLの潤滑スプレーPL-220S 」かな。

使用する時はウエスを添え、余計な場所にかからないよう注意

スプレーノズルがあるので狙った場所に吹き付けやすいし、
油の持ちも良くてとても便利です。
もともと自転車よりずっとスピードの出る自動車用製品だからか、
自転車の性能を引き出す効果も高いと感じています。

あとは同じEPLの「PL-500」。性能的には220Sとほぼ同じですが、

ウエスに付けて使うには、こっちの方が便利です。

何も書いてない方はバイクショップで小分けしてもらったグリース

私は、自分でグリースの補給や取り換えも行いますが、
グリースに混ぜて使ったりもしています。
 

サ) EPLはいつ頃からお使いですか?

浅) バイクのメンテに使っていたのを転用し出してから、
もう20年近く使っています。
値段的には確かに高いですが、他のものには代えがたい価値があります。
私は押しつけがましい感じがするのが嫌で
あまり自分の使っているものを人に勧めないのですが、
このオイルは親しい選手仲間には進めています。

サ)  隠れた名品というわけですね。チェーンやギア周りが終わったら次はどこを。

 

浅) どこ、というか、全体的に汚れを落としたと仮定して、

さっき言ったPL-220SとPL-500を場所によって使い分けて
注油と保護を行います。

メタルトリートメント EPL添加剤 PL-500

メタルトリートメント EPL添加剤 PL-500 お試し品100cc

 

サ) それで終わりですか?

 

浅) いえ、さらに仕上げにはボリッシュ剤を使っています。

 

サ) それも自動車用ですか?

 

浅) そうですね。この「BELTZ(ベルツ)5857」という製品は最近試したものですが、

今はこれが一番気に入っています。

アクアロード(有) 「 BELTZ(ベルツ)」 (自動車ボディ用保護光沢剤)

 

カーコート剤ベルツ BOSPセット

自転車は車と違い、乗り降り等で擦れるので剥がれるのも早い気はしますが、

使うのと使わないのでは汚れ方や汚れ落ちが違うので、

自分は使うようにしています。

私のクリーニングメンテはだいたいこんな感じですね。

あと、分解メンテやパーツの取り換えなども自分でやりますが、
それは普通の方はしない方がいいと思うし‥。
私も難しいと感じた時は、プロのメカニックの方にお願いするようにしています。

 

 

サ) では、他になにか普通の人でもメンテであったら便利だなと感じそうなもってありますか?

 

 

浅)  このティッシュはおすすめかな。
精密機械なんかにも使える、毛羽立ちや抜け落ちのないティッシュなんだけど。

日本製紙クレシア㈱ 「キムワイプS-200」

 

分解メンテの場合、組立ての時に微細なゴミでも入ってはいけないので、

これは必需品です。日常的なメンテでも、きれいにした後にティッシュの毛羽とかが残って取るのに苦労することがあるんだけど、この「キムワイプ」ならそういう心配がないし、値段も安いからいいと思います。

キムワイプ 12×21.5cm /1箱(200枚入) S-200

 

サ) 最後に、浅見さんの工具って教えてもらえますか。

 

浅) 工具は別に普通だと思うけど…。これで良かったらどうぞ。

PB(ピービー) 無反動ナイロンハンマー 300-1

PBピービー ドライバーセット 6本組1510PL

 

 

 

Snap-on ピックツール4本セット

 

スナップオン Snap-on アウル&フック&ピック 4本セット ミニサイズ ソフトグリップ レッド 【並行輸入】 SGASA204A

サ) この工具をお使いの理由ってなにかあるんですか?

 

浅) デザインとか携帯性の良さが気に入って使っているんだけど、スナップオンの方は磁石が入っていて、小さな部品なんかがくっつけられるから、取りにくいところに落としちゃったときなんかにも便利かな。あと、金属製の粉塵のような汚れを取り除くのにも使っています。

 

サ) 今日は色々と教えていただきありがとうございました。

自動車用品が自転車にも使えるとか、ちょっと考えていなかったので勉強になりました。

 

浅) あ、でも、これ、あくまで私の経験談で、自動車用品が自転車用品より優れているという

証明ではないので、そこは鵜呑みにしないでくださいね。

それでもいいというなら、お役に立てば私もうれしいです。

 

サ)  さすがプロと言いいますか、ド素人サイクリストのサイクルジャム編集部にとっては

とても役立つ情報でした。

本当にありがとうございました。

 

 

浅見選手による自転車メンテナンス情報クリーナップ篇は以上です。

皆さんのお役にも立つことを祈りつつ。

 

1年間一緒に走ってきた愛車も、この年末、ぜひ、かわいがって

ピカピカにしてあげてくださいね~。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【取材Memo】

浅見 敏也  選手プロフィール

1970年7月8日生まれ

http://keirin-station.com/keirindb/player/detail/012203/

選手生命が長いと言われる競輪選手の中でも、40歳を過ぎてA級1班以上で活躍を続けられる選手は、やはり一握りのトップ選手だけ。浅見選手もそのお一人ですが、取材を通じ自転車のメンテへのこだわりなど高い意識を保っていることが、その一因であると感じた編集スタッフなのでした。

「初心を忘れないため」と今も大切に使う競輪学校の卒業記念品

 

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

  

  

 


コメントは受け付けていません。