プロ選手等身大/アイサン 悪路に強いが日焼けに弱い 早川朋宏選手


海外遠征のおかげで悪条件には強くなってきましたが、

日焼けに弱いのが最大(?)の弱点です。

早川 朋宏(はやかわ ともひろ)選手

生年月日  1990年 1月 2日

出身地 愛知県

脚質  クライマー

 

プロを目指すようになったきっかけは?

もともと、サイクリングの延長のような感覚でロングライドを楽しんでいただけで、レースにはまったく関心がありませんでした。それが、ふとしたキッカケで高校入学前にロードレースに出場し、そこからいきなりレースの魅力にハマってしまいました。

それで高校に入学してから本格的に自転車競技を始めましたが、自宅が愛知県大府市にあり、愛三工業のすぐ近くで「愛三工業レーシングチーム」(以下、アイサン)のことも知っていたので、できれば将来はアイサンで走れたらという希望は、その頃から持っていました。

 

そこから実際にアイサンに加入するまではどのような歩みを?

高校卒業後は、自転車部のある大学ということで法政大学に入学し、インカレを中心にレースに参戦する日々。そして、4年次のインカレで優勝することができ、2010年の卒業と同時に、チームNIPPOに加入することができました。チームNIPPOはプロとアマの間のようなチームで、海外遠征など若手の育成サポートも行っています。私がNIPPOに入るとすぐにイタリアを拠点に、ヨーロッパのツアーを走るようになりました。

 

ヨーロッパはいかがでしたか?

実は2年目のシーズン、途中までは調子も良かったのですが、落車事故にあって骨折。 言葉の問題などもあり、治療はもちろんリハビリなどイタリアで療養を続けるのは難しいと悩み始めたタイミングで、中根総監督(当時)から「アイサンに来ないか」と声をかけていただきました。それがきっかけで帰国を決意して、2013年からアイサンに加入しました。

 

入る前と入った後で、アイサンの印象で変わった点は?

実家がアイサンの寮の近くだったこともあり、お願いして大学生の頃からアイサンの選手たちと練習をしていました。ですから、選手の方たちともすでに顔なじみで、加入の前後で印象が変わるといったことはありませんでした。いま思うと、かなら前から「アイサンに入りたい」アピールは結構していたので、その熱意が通じて加入の夢が叶ったんだと思います。

 

早川選手は脚質はクライマータイプと伺っていますが、体重のコントロールとか食事の管理はどうされているのでしょう。家が寮の近くということは、生活はご自宅ですか?

いえ、寮に入っています。

それはなぜ?

家にいるより、同じ自転車やロードレースが好きだというアイサンのチームメイトと一緒にいる方が、落ち着くんです(笑)。練習にも集中できますし、みんなとのコミュニケーションも寮の方が取りやすいですから。ファンの皆さんもご存知のように、アイサンはチームの力を結集して、上位入賞やUCIポイントの獲得を目指す事ができるチームです。多くの時間をチームメイトと共に過ごすことで、言葉でコミュニケーションをとるのが難しいレース中でも、相手の気持ちや戦略が肌で伝わってくるようになります。

ただ、食事のことで言えば、揚げ物や油物はほとんど食べないようにしています。

 

これまでで一番印象に残っているレースは?

その時々でいろいろ印象には残っているのですが、中でも別格なのが2015年、フランスのワンデイレースGP la Ville de Perénchies(グランプリ・ラ・ヴィル・ドゥ・ペレンシー)での体験です。日本ではありえない、見たこともないような大きさの石を組み合わせて作られた石畳の道が後半の周回上に1.5キロ位あって、“畳”じゃないだろと(笑)、ほとんど障害物道路みたいな有様でした。これはもう、あまりの走りにくさに笑うしかなかったです。
実際、後でレースの写真を見たら、どの写真もなんか笑ってるんですよ。必死の形相がそう見えたのかもしれませんが、走ってる最中も「アリエネー」とかテンションが上がっていたので、多分本当に笑っていたんだと思います。

そういう悪路はどう攻めるんですか?

レース前、先輩たちから、石畳に入る前にできるだけ集団の先頭に行くこと、また、石畳に突入したら、とにかくスピードを緩めずに一気に走ったほうがいいとアドバイスをもらっていましたが、実際その通りでした。
周回なので5回位走りましたが、何周かするとコツがわかってきて、悪路の中にも走りやすいコース取りとか、端の方は尖った砂利で一見走りやすそうだけど、パンクしてる選手を見たから行ってはダメとか、意表をつかれる展開の連続で面白かったです。

 

すみません先ほどから気になっているのですが、早川さんのヒゲには縁起担ぎとかなにか意味が?

ヒゲは縁起担ぎでも、おしゃれでもなくて、実は日除けなんです。僕は少し皮膚が弱いみたいで、レース中に直射日光に晒されていると、わりとすぐに皮膚が反応してしまって、、

では、体にも日焼け止めを?

もちろんです。日焼けすると体力的にもバテますし、走りが悪くなってしまうので、女子なみに真剣に対策しています(笑)。

 

最後にファンの方へメッセージをお願いします。

レース中、「アイサン頑張れ」の声援にいつもパワーをもらっています。個人名では「早川」ではなく、他の先輩の名前で声掛けされることも多く、光栄なのですがちょっと寂しいです。最近では、他の選手への声援も自分の声援と思うようにしています(笑)。

「アイサン」でも「早川」でもよいので、皆さん、これからも応援よろしくお願いいたします。

 

 

・・・・・・・・・・・

今回の早川選手のお話はここまでです。

次回は中根英登選手のご紹介です。ぜひ、お楽しみに~。

 

綾部勇成選手紹介記事はこちらから

中島康晴選手紹介記事はこちらから

伊藤雅和選手紹介記事はこちらから

福田晋平選手紹介記事はこちらから

小森亮平選手紹介記事はこちらから

平塚吉光選手の記事はこちらから

 

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

  

  


コメントは受け付けていません。