KINAN Cycling Teamファン感謝祭開催
食事をしながらの歓談や抽選会などでファンと選手が交流

19th November 2016
KINAN Cycling Team ファン感謝祭

選手・スタッフ・参加者一同で記念撮影

 

2016年11月19日開催

和歌山県および三重県、愛知県と広域を拠点とする UCI(国際自転車競技連合)コンチネ ンタルチーム、KINAN Cycling Teamは11月19日、愛知県名古屋市でファン感謝祭を開催。熱い応援でチームを支えてくださるファンに日頃の感謝を述べると同時に、2016 年シーズンの活動報告を行った。

発足2年目となった今年、KINAN Cycling Teamは目標としていたUCIアジアツアーで の継続的なポイント獲得のほか、最大のターゲットだったツール・ド・熊野で総合1位を 収めるなど、初年度以上の成果を残した。こうした活動の支えとなったのは、レース会場 や SNS を通じて声援を送ってくださるファンの存在であり、今シーズンの戦いが一段落ついたこの時期に、選手・スタッフがそろって感謝の気持ちを届ける場を設けた。

選手ではキャプテンのジャイ・クリフォードを筆頭に、リカルド・ガルシア、マルコス・ ガルシア、野中竜馬のほか、今年限りで引退・退団する伊丹健治、中西重智、阿曽光佑が出席(阿曽圭佑は欠席)。そのほか、チームスタッフも顔をそろえた。

会は、加藤康則ゼネラルマネージャーによる乾杯の音頭に始まり、食事をしながらしばしの歓談。その間、ホスト役の選手・スタッフは各テーブルを回って、参加者との交流に努めた。

乾杯の音頭とともにファン感謝祭がスタート

 

 

鍋を囲みながらの歓談に花が咲く

 

選手たちは参加者からの話題や質問に耳を傾けた

 

石田哲也監督(左)自ら参加者に鍋を振る舞う

 

どのテーブルも盛り上がりを見せる
後半には、今シーズンの活躍の軌跡をまとめたムービーが上映され、選手たちの勇姿にたびたび歓声が上がった。

チームの 1 年間の活躍を収めたムービー上映。画面を食い入るように見つめる

 

そして、お楽しみの抽選会ではフルクラムやフィジークのカワシマサイクルサプライ様から提供されたアイテムや、チームグッズ、今年出場した大会の記念品などが出品され、出席したファンを喜ばせた。さらには、石田哲也監督とのジャンケンに勝った人には、チーム主催レースである 「KINAN COUPE DE AACA」来シーズン分の随行車両乗車権や、最終周回の合図であるジャンを鳴らす権利が授与されるなど、ユニークなプレゼントも用意された。

 

抽選会での当選品を手に笑顔の参加者

 

終始和やかに行われたチームとファンの交流イベント。参加者からはファンクラブ開設を熱望する声や、広報へのリクエストも多く寄せられ、2017 年シーズンでのチーム活動の活性化を約束する場ともなった。
●写真紹介

スピーチするリカルド・ガルシア

 

スピーチする中西重智

 

今シーズン限りでの退団が決まっている中西重智に花束が渡される

 

スピーチする野中竜馬

 

スピーチするマルコス・ガルシア

スピーチする伊丹健治。改めて現役引退をファンの前で報告した

 

現役引退する伊丹健治にファンから花束が贈られる

スピーチする阿曽光佑

 

ファン手作りの横断幕を手に記念撮影

 

今シーズン限りでの退団が決まっている阿曽光佑に花束が贈られる

 

キャプテンのジャイ・クロフォードによるスピーチ

 

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

  

  


コメントは受け付けていません。