ツール・ド・ロンボク第1ステージ
キナンサイクリングチーム リカルド・ガルシア2位!!

ツール・ド・ロンボク
(UCI Asia Tour 2.2 2017年4月13日~4月16日)

第1ステージ マタラム-クタビーチ126㎞

ロンボク島南東部の入江をバックに行くリカルド・ガルシアを含む7人の逃げ集団

 

キナンサイクリングチーム出場選手

ジャイ・クロフォード
リカルド・ガルシア

マルコス・ガルシア
トマ・ルバ
中島康晴

スタート前、チームテントで待機するキナンサイクリングチームのメンバー

 

 

ツール・ド・ロンボクがいよいよスタート。初日はロンボク島の中心街・マタラムから、島南部にあるクタビーチまでの126㎞。途中、1つのスプリントポイントと、標高200m前後の3つの4級山岳が設定される。コース図とコースプロフィールだけを見ると大したことが無いように感じるが、マタラムを出ると車1台がやっとの道幅が曲がりくねった田舎道が続く。

スタート地点に到着した中島康晴
天気は朝から晴れ。レース後半に一時雨が降ったものの、スタートからゴールまで強い日差しが照り付ける1日となった。

マタラム市街をパレードし、郊外に出た所でリアルスタートが切られる。

アタック合戦が繰り返される中、キナンサイクリングチームは集団前方で動きをチェックしていく。

リアルスタート直後のアタック合戦を、中島康晴を中心にチェック

 

 

16㎞付近のスプリントポイント経たのち、リカルド・ガルシアを含む7人の逃げ集団が形成され、メイン集団との差は1分ほどまで開く。
その後、この日のコースの半分にあたる63㎞地点に設定された2つ目の山岳賞に向けての動きで、ジャイ・クロフォードとトマ・ルバを含む5人の追走集団が形成される。

レースが終盤に入る残り30㎞付近、逃げ集団からネイサン・アール(チーム右京)がアタックし、単独で先行。追走が合流して新たに形成された集団でリカルド・ガルシアとジャイ・クロフォードが追走を試みるが、タイム差は1分以上に開く。

アールはそのまま逃げ切って優勝。後続集団の先頭をリカルド・ガルシアが獲って2位に入った。

ツール・ド・ロンボク第1ステージ表彰式
第1ステージ 結果
1位 ネイサン・アール(チーム右京) 3時間16分21秒
2位 リカルド・ガルシア +1分26秒
3位 ベンジャミン・プラデス(チーム右京)
4位 ダヴィデ・レベリン(クウェイト・カチューショES)
5位 ジャイ・クロフォード +1分55秒
6位 トマ・ルバ +4分8秒
38位 中島康晴 +16分46秒
62位 マルコス・ガルシア +19分52秒

チーム総合時間順位
1位 キナンサイクリングチーム 9時間56分32秒
2位 チーム右京 +2分38秒
3位 クウェイト・カチューショES +12分23秒

山岳賞
1位 ネイサン・アール(チーム右京) 12p
2位 リカルド・ガルシア 5p
3位 ジェシー・ジェームス・エワート(セブンイレブン) 2p

スプリント賞
1位 ネイサン・アール(チーム右京) 15p
2位 リカルド・ガルシア 12p
3位 ベンジャミン・プラデス(チーム右京) 9p

 

 

選手コメント

ジャイ・クロフォード
とにかく暑い1日だった。リカルドがいい仕事をして2位に入ってくれた。チーム右京は強いけれど、チャンスはあると思う。明日はチームで攻撃していく。難しいレースになるだろうけれど、第3ステージはもっと厳しくなるだろうから、とにかく追いかけるしかない。

5位でゴールしたジャイ・クロフォード
リカルド・ガルシア
レースで走るまでは自分のコンディションが良いかどうかわからなかったので、2位に入れた事はとても嬉しい。ジャイとトマがレース終盤に追いついてくれたけど、優勝したネイサンはその前に行ってしまった。彼は強かった。

表彰式で、2位の賞金パネルを受け取るリカルド・ガルシア
マルコス・ガルシア
とても暑かったけれど、良いチャンスを狙ってレースを進めた。チームは総合で良い位置につける事が出来て良かった。明日は逃げに乗りたい。

集団の先頭を引くマルコス・ガルシア

 

 

トマ・ルバ
暑くてハードなレースだった。チームから3人が上位に入れた事は良かったと思う。でも今日勝ったネイサン・アールは強かった。終盤の逃げを捕まえる事が出来なかったからね。自分の6位という順位は悪くないと思う。明日はリカルドのために働き、明日も明後日も逃げをうっていくよ。

6位でゴールしたトマ・ルバ
中島康晴
今日は平坦基調なので自分にもチャンスがあると思っていましたが、思ったより坂がきつくて耐える1日になってしまいました。チームは(順位が)良いところにつけているので、明日からチームのために頑張っていけるようにしたいです。総合順位を逆転出来るように、まず明日一手打てればいいですね。
このレースはオーガナイズがしっかりしていると思いますが、激坂があったり、人や車がコースに入ってきたりと、インドネシアのレースらしいところはまだまだあります。

集団前方の動きをチェックする中島康晴

 

 

<写真紹介>

朝からバイクの準備をする横井メカニック

 

横井メカニックとバイクの最終確認をするリカルド・ガルシア

 

今日のコースを、キャプテンのジャイ・クロフォードと石田監督が最終確認

 

チームカーにスペアバイクを積む横井メカニック

 

スタート地点に到着したリカルド・ガルシア

 

 

マルコス・ガルシアのバイクには、矢印が書かれたテープが。コーナーを曲がる順番だそう。

 

スタートを待つジャイ・クロフォードとトマ・ルバ

 

スタートを待つマルコス・ガルシアとリカルド・ガルシア

 

tdl_s1_15 中島に続いて集団前方の動きをチェックするトマ・ルバ

強い日差しの中パレードスタート。集団前方に位置取るマルコス・ガルシアとリカルド・ガルシア

 

レース序盤は集団前方にキナンサイクリングチームのメンバーが集まる

 

 

中島に続いて集団前方の動きをチェックするトマ・ルバ

 

 

レース序盤、集団内で走るリカルド・ガルシア

 

 

逃げ集団を容認し、メイン集団のコントロールに入るキナンサイクリングチーム

 

 

レース中盤、山間部を行く7人の逃げ集団

 

レース中盤、ジャイ・クロフォードと、トマ・ルバを含む5人の追走集団が形成される

 

 

曲がりくねった急な下り坂を行く中島康晴

 

 

 

レース終盤、ネイサン・アールの逃げを追走するリカルド・ガルシアとジャイクロフォードの追走集団。かつての名選手・ダヴィデ・レベリンの姿が。

 

 

遅れた集団内でゴールした中島康晴

 

 

ゴールするマルコス・ガルシア

 

ゴールしたメンバーを石田監督が迎える

 

ジャイ・クロフォードと中島康晴がレースを振り返る

 

この日のランダムのドーピングチェックに該当した中島康晴が、用紙に記入。

 

 

text&photo:Satoru Kato

 

 

第2ステージレポートはコチラから

 

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

  

  

 


コメントは受け付けていません。