ツール・ド・ロンボク第2ステージ
キナンサイクリングチームレポート 

ツール・ド・ロンボク
(UCI Asia Tour 2.2 2017年4月13日~4月16日)

第2ステージ バンサルハーバー-セナル 113.3㎞

 

 

キナンサイクリングチーム出場選手

ジャイ・クロフォード
リカルド・ガルシア
マルコス・ガルシア
トマ・ルバ
中島康晴

スタートサインに勢ぞろいしたKinan Cycling Teamのメンバー。リカルド・ガルシアはスプリント賞2位で仮のジャージを着る。ヘルメットはセレモニー用に主催者が用意したもの。

 

 

ツール・ド・ロンボク第2ステージは、ロンボク島北西部を海岸線に沿って北上し、標高507mの3級山岳にゴールする113.3㎞。コースのほとんどは平坦基調だが、ゴールに続く残り10㎞は、上に行くほど傾斜がきつくなり、ゴール前100mは壁のような激坂が待ち受ける。

第2ステージは海岸沿いのコース

 

 

スタートのバンサルハーバーは、周辺の島へのボートが発着する港街。港のそばからレースがスタートする。

スタートラインに並んだ4賞ジャージ

 

今日も多くの観客に見送られてスタート

 

 

パレードを終えるとすぐに3級山岳を越える。その登りでアタック合戦が始まると、集団は早速縦長に引き伸ばされる。キナンサイクリングチームは、集団前方で動きをチェックに入り、リーダージャージのネイサン・アール選手を含め、チーム右京のメンバーや総合上位争いに関わる選手の動きを警戒する。

その動きの中で、マークジョンレクサー・ガレド選手(セブンイレブン)が単独で抜け出す。さらにレイトン・コック(LBC-ヴァリス)が飛び出して追走する。2人とも総合優勝争いでは10分以上遅れているので、集団は先行を容認。平坦区間に入ってからはチーム右京がコントロールを開始し、キナンサイクリングチームはこれに続く形でレースは進行する。

 

後半に入り、ガレド選手が4分、コック選手が1分、それぞれメイン集団から先行した状態。ここで中島康晴が追走のローテーションに加わり、先行する2人との差を詰めていく。

レース終盤、逃げの追走に中島康晴が加わる

 

 

残り10㎞から始まる登り区間に入り、メイン集団が先行する2人を吸収。そこから、キナンサイクリングチームとチーム右京の総合上位勢同士の争いが始まる。チーム右京のアール選手と、ベンジャミン・プラデス選手に対し、ジャイ・クロフォード、トマ・ルバ、リカルド・ガルシア、マルコス・ガルシアが対抗するが、最後はアール選手が他の選手を振り切ってステージ優勝。

リーダージャージのネイサンアール選手がステージ優勝

 

 

最後まで喰らいついたクロフォードの4位がキナンサイクリングチームの最上位となった。総合2位につけていたリカルド・ガルシアは1分遅れてゴールし、順位を落とす事となってしまった。

ジャイ・クロフォードは4位

 

トマ・ルバは5位

 

リカルド・ガルシアは遅れて7位

 

 

マルコス・ガルシアは8位

 

 

15日の第3ステージは、クタビーチからセンバルンまでの134㎞。コース終盤には標高1557mの超級山岳が控えるクイーンステージとなる。

 

 

選手コメント

リカルド・ガルシア
チーム右京に対して序盤から攻撃していったけれどうまくいかなかった。中盤に中島を出して逃げを追走してステージ優勝を狙いに行ったけれど、チーム右京の2人はとても強かった。明日はハードなステージになるだろう。逆転を狙ってベストを尽くしたい。

スプリント賞ジャージを着たリカルド・ガルシア。隣はリーダージャージのネイサン・アール選手

 

 

トマ・ルバ
チーム右京の2人が強かった。明日は厳しい登りがあるけれど、チームとして逆転を目指し、ベストを尽くしていきたい。

集団前方の動きをチェックするトマ・ルバ

 

 

中島康晴
チームとしては序盤から仕掛けていく作戦でしたが、他のチームからのチェックが厳しくて、チーム右京のコントロールで最後の登りを迎える事になりました。逃げている選手との差が4分あったのですが、逃げ切られるのももったいないし、ステージ優勝を狙いに行くために自分がチーム右京のコントロールに加わって前との差を詰めて自分の仕事を終えました。結果として残念な形になってしまいましたが、総合順位は良い位置につけているので、明日も逆転を目指します。自分は登りの前までにどれだけ仕事が出来るかにかかっているので。

ジャイ・クロフォードをねぎらう(?)中島康晴

 

 

第2ステージ 結果
1位 ネイサン・アール(オーストラリア、チーム右京) 2時間59 分 34秒
2位 ベンジャミン・プラデス(スペイン、チーム右京) +2秒
3位 ダヴィデ・レベリン(イタリア・クウェート、カチューショES)
4位 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、Kinan Cycling Team) +3秒
5位 トマ・ルバ(フランス、Kinan Cycling Team) +23秒
7位 リカルド・ガルシア(スペイン、Kinan Cycling Team) +50秒
8位 マルコス・ガルシア(スペイン、Kinan Cycling Team) +53秒
70位 中島康晴(Kinan Cycling Team) +9分12秒

個人総合時間順位
1位 ネイサン・アール(オーストラリア、チーム右京) 6時間15分35秒
2位 ベンジャミン・プラデス(スペイン、チーム右京) +1分38秒
3位 ダヴィデ・レベリン(イタリア、クウェート・カチューショES) +1分44秒
4位 ジャイ・クロフォード(オーストラリア、Kinan Cycling Team) +2分18秒
5位 リカルド・ガルシア(スペイン、Kinan Cycling Team) +2分30秒
6位 トマ・ルバ(フランス、 Kinan Cycling Team) +4分51秒
59位 中島康晴(Kinan Cycling Team) +26分18秒

チーム総合時間順位
1位 キナンサイクリングチーム 8時間59分58秒
2位 セントジョージ・コンチネンタルサイクリングチーム +3分33秒
3位 クウェイト・カチューショES +4分4秒

 

 

<写真紹介>

リカルド・ガルシアの総合2位により、チームカーも2番目

 

バイクの変速チェックをする横井メカニック

 

コース途中での補給の打ち合わせをする森川マッサーと石田監督

 

選手にギア比の確認をする横井メカニック

 

ステムに貼られるコース情報。2日目からはチェックする選手のゼッケンが加わる

 

今日のコースを確認しつつ、スタートまで待機する選手達。

 

アジアンな感じの日よけの下でバイクも待機

 

 

熱帯雨林の中を行く集団

 

最初の登りを集団内で走るジャイ・クロフォード

 

 

 

序盤の3級山岳に向かう集団

 

アタック合戦がひと段落した後も、集団前方の動きを警戒する中島康晴、マルコス・ガルシア

 

 

リーダージャージのネイサン・アール選手(チーム右京)に続くKinan Cycling Teamのメンバー

 

マルコス・ガルシアを先頭に、リーダージャージのネイサン・アール(チーム右京)をマークするように続くKinan Cycling Team

 

マルコス・ガルシアに続くKinan Cycling Team

 

暑いので補給は重要。ボトルの水分を欠かさないようにする。

 

農村地帯を行く集団

 

テープデコレーションのおかげでチームカーの隊列の中でもKinan Cycling Teamは目立つ

 

 

海沿いのコースを行く集団。この日は午後のスタートのため、レース終盤は陽がいくぶん低くなっている。

 

 

マルコス・ガルシアのゼッケンは不吉な13のため、片方を逆さにしている。

 

 

平地で仕事をした中島康晴は約9分遅れでゴール

 

 

text&photo:Satoru Kato

 

 

サイクルジャムでは、キナンサイクリングチームの全面協力を受け、

ツールド熊野観戦&那智勝浦温泉バスツアーを実施します!

ただいま参加者大募集中!!

ぜひぜひ、ご参加くださいませ。

ツアー詳細はこちらから

みなさまのご参加お待ちしております!!

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

  

  


コメントは受け付けていません。