HOME連載 > 志智散歩第15回「競輪のGIレース『第64回日本選手権競輪』に出場」の巻ページ1

連載コラム

連載 志智散歩

next 3 2 1 back

第15回「競輪のGIレース『第64回日本選手権競輪』に出場」の巻

2011年における競輪のGIレース第1弾「第64回日本選手権競輪」が3月1日から6日までの6日間、名古屋競輪場で開催されました。「日本選手権競輪」は、別名「競輪ダービー」と呼ばれ、年間6つある競輪のGIの中でも、最も権威あるレースとしてファンに親しまれています。全国の競輪ファンが注目するビッグレースに出場するため、レース前日(2/28)に会場となる名古屋競輪場に到着したシッチー。さぞ緊張も高まっているものと思いきや、ずいぶんリラックスした様子で会場入り。



競輪選手は、会場入口で、本人確認をして書類にサインをします。ここで、携帯電話を預けると、出場期間中は外に出かけることや、気軽に電話などで連絡をとることもできません。報道関係・レース関係者を除き、外部との接触が厳しく制限される空間で過ごすことになります。会場入りすると、関係者による自転車の検査があります。



そうこうしているうちに2日目を迎え、いよいよS級一次予選にシッチー登場! この初戦に1着でゴールできると、決勝戦に出場できるレースへとつながっていきます。だから、初戦は非常に重要なレースになり、レース間近の選手は厳しい表情に・・・・。と思えば、レース直前のストレッチ時でさえ余裕の笑顔で、談笑にふけるシッチーでありました。

back 1 2 3 next