HOME連載 > 志智散歩第8回「西日本インカレ4連覇の強豪!朝日大学の自転車部の朝練で、シッチー学生時代にタイムスリップ…」の巻ページ1

連載コラム

連載 志智散歩

next 3 2 1 back

第8回「西日本インカレ4連覇の強豪!朝日大学の自転車部の朝練で、シッチー学生時代にタイムスリップ…」の巻

今回の志智散歩は岐阜県瑞穂市にある大学自転車競技の名門、朝日大学自転車部の朝練にお邪魔しました。西日本では敵なしといわれる朝日大学、今年の8月に行われる西日本インカレとともに、その先にあるインカレナンバー1を目指して練習も気合十分。そして、この強豪チームを率いるのが、何を隠そうシッチーの高校時代の恩師、山崎好弘先生です。というわけで今回の志知散歩は、心は学生時代にタイムスリップ、シッチーの懐かしい高校時代のエピソードも交えながらお送りしていきます。

【写真】

今回、練習に参加させてもらった朝日大学自転車競技は「4km団体追抜競走」と「チームスプリント」を基幹としていて、西日本大学対抗選手権自転車競技大会では、4年連続総合優勝(2006~2009)、インカレでも毎年上位にランクインするなど、今や西日本で敵なしと言われるほどの実力・実績を備えています。この強豪チームをまとめ、幾度となく輝かしい勝利へと導いたのが名将・山崎先生。シッチーの母校である岐阜県立岐南工業高校で監督としてのキャリアをスタートさせ、過去には全日本代表監督を務めていたこともある、自転車競技の世界では知らぬ者はいない名監督です。

【写真】

この日も早朝から先生の檄が飛びます。朝5時からスタートした練習は、大会前でかなりの追い込みがかかっているのかと思いきや、学生の皆さんは月曜の休み以外、この練習を毎日行っているそう…。さすがは強豪、朝日大学。強さの秘密はこうした毎日の積み重ねによるものなんですね。薄明かりの空の下、先生からの檄で気持ちを引き締めて練習スタートです。

【写真】

シッチーも山崎先生から指導を受け、高校生に戻ったかのように真面目な表情で話を聞いています。練習とはいえ、実際の公道を走るので安全面では細心の注意が必要。この日、シッチーが参加することになったのは競技の中でも長距離部門にあたるロードチームの練習。普段は競輪の練習で長距離を走ることはあっても、競輪選手の本業は短距離のスプリントレース。さすがのシッチーも「大丈夫かな?ついていけるかな?」と不安げな言葉を残しながらも、そこはさすがにプロ。表情は余裕たっぷりです。はたして年の差は一回りほどもある大学生たちにプロの競輪選手としての意地は見せられるのか…、いよいよ朝練スタートです。

back 1 2 3 next