身をよじるほどの痛み、その理由は?! ~ディッセターレでボディケア体験~(3)

Kakoさんのマッサージ、下半身が終わった段階で
すでにかなり体が楽になっています。

・・・・というか、足が軽くなった分、上半身のダルさが気になる・・・。

やはり、全身くまなく疲れていたようです。

というわけで、次は背中を揉みほぐしてもらいます。

とはいえ、Kakoさんによればいわゆる背筋部はそれほど
コッテいないらしく、実際、揉んでもらっても心地良さだけ。

 

 

う~ん、上半身はいい感じでイケるかも。
そんな楽観的な気持ちになりつつ仰向けに。

 

気分一新、頭のマッサージがはじまります。

オオ、キモチイ~。至福です。
首筋から頭皮まで、包み込まれるような感覚で揉みほぐされていきます。

・・・しかし、さすがというか、Kakoさんのマッサージ、
心地いいだけでは終われません。

鎖骨周り、そして、二の腕を揉まれたとたん、再びアノ痛みがぁ・・・。

自転車をやっている人なら覚えがあると思いますが
このあたりの筋肉、結構使うんですよね。

 

それにしても単に痛いというのとは違う、
これは体験しないと分からないでしょうけど、
なんともいえません。

足のつけ根あたりも「#$:≒∮∮∵¢※▼◇∞!!!………」。

 

Kakoさんは筋肉と対話しながら揉んでいくそうですが、
いい施術者にかかると筋肉がしゃべり出すのかもしれません。

そして、痛いところ、心地いいところ、
マッサージを通じて僕自身も自分の筋肉と対話している
・・・・・そんな感覚のあるひとときでした。

トータル1時間。全身が揉みほぐされた後の体は、
羽が生えたような軽さ。
旦那さんがレース前にKakoさんのマッサージが欠かせないと
言っていたのも納得です。

しかし、今日のシッチーはレース直後で、体はまだ安らぎを求めています。
・・・・・というわけで、筋肉の強張りがほぐれたところで、
さらにアロママッサージをしてもらうことに。

その模様は、マル秘写真付きで次回、特別にお届けします~。


コメントは受け付けていません。