「2013ハンドメイドバイシクル展~自転車で健康になろう~」開催のおしらせ

世界に1台の自分モデルの自転車に出会えるかも!?

オーナーの使用目的と必要な機能に合わせて作り上げられるということで、

最近、ハンドメイドの自転車が若い人からシニアまで人気と購入願望が高まっているといわれています。

そんな中、自転車の情報を発信する自転車文化センターが、

ハンドメイドされた自転車の可能性を追求した「2013ハンドメイドバイシクル展~自転車で健康になろう~」を1月19・20日(土・日)の2日間、東京北の丸公園の科学技術館1F催事場にて開催します。

 

26社のハンドメイドビルダー/パーツメーカーが提案する約60点の自転車とパーツが展示される今回の展示会。

次の5つのテーマに分けて展示されます

①ハンドメイドのスポーツ用自転車

②ハンドメイドの街乗り用自転車(高齢者・障害者用含む)

③独創的パーツ

④自転車で健康になろう

⑤自転車文化センターが所蔵する歴史的なハンドメイド車の展示

スポーツ車・街乗り車だけにとどまらず、これからの新しいスタイルを提案した自転車もあるので、要チェックです。

また、展示車を見るだけではなく、

ビルダーの方々に製作の苦労話を聞いたり、製作マル秘テクニックを質問したり

することで、奥深~い話が聞き出せるかもしれません!!

そのほか、試乗できる自転車もあったり、自分にあったオリジナル自転車を製作してくれる自転車店を探すこともできます。

たのしみですね~♪

 

なんとこの展示会に、現在、志智散歩で連載中の「UTILITE BIKES」が出展します!!

シッチーも惚れ込んだ「UTILITE BIKES」

百聞は一見にしかず・・・。お近くの方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか~。

「UTILITE BIKES」販売・製造の高橋製瓦株式会社・事業部長の高橋さんに 今回の出展理由を尋ねると、

「岐阜で設計し、ハンドメイドで作られている実用自転車を多くの人に知ってもらうために出展します。

速く走るためだけの自転車ではなく、荷物を積んで、日常の生活に、車替わりに使用できる自転車を目指して開発しました。より多くの人に知ってもらいたいと思っています!」とお応えいただきました。

展示用1台のほか、もちろん試乗車も1台用意されるとのこと!

この機会に試乗して「UTILITE BIKES」ハンドメイドの良さを体感してみてくださいね!

この展示会ではその他「自転車で健康になろう」コーナーも実施。

順天堂大学スポーツ健康科学部・形本静夫教授の研究チームと共同で平成21年度~23年度に実施した「自転車による健康増進のための自然科学的研究」を基に、乗る人の身体にあった自転車での健康効果を紹介するパネル展示と、実際に簡易な心拍計を付けて固定した自転車に乗り、負荷に応じた変化を体験していただけます。

開催要項

日時:2013年1月19・20日(土・日)  9:30~16:50
会場:科学技術館1階催事場 東京メトロ東西線竹橋駅・九段下駅下車徒歩7分
主催:一般財団法人日本自転車普及協会 自転車文化センター
協力:財団法人自転車産業振興協会

イベント紹介HPはコチラ

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

 

 


コメントは受け付けていません。