シッチー、偉大なる大先輩のテレビ取材を受ける!篇‥‥②

 

シッチーへの想いを熱く語ってくれた山田選手

皆さんの中には、SPEEDチャンネル放映の『吉岡稔真の素晴らしき哉、競輪 #24志智俊夫』をご覧になった方もいらっしゃると思います。どんな感想をお持ちになったのでしょう。シッチーこと志智俊夫選手は、皆さんのご想像通りでしたか? 番組を見た方も、残念ながら見逃しとうう方も、この方の話を聞けばシッチーのすべてが分かるという、シッチーの高校時代の同級生「山田選手」のお話いよいよ大公開です~。

山田選手はシッチーの高校の同級生とお聞きしましたが、当時のシッチーはどんなようすでしたか?

とにかく自転車が好きで好きでたまらないヤツって感じでしたね。性格的には、いまとまったく変わらないというか。あ、いや、もちろん成長していないという意味ではありませんよ(笑)。明るくて穏やかで、皆から好かれていたところも、いまと変わらないですね。若気のいたりでヤンチャをしたというような武勇伝もなかったですし、そういう期待をされていたら“ゴメンナサイ”という感じですね。高校の頃から今日までずっと隣同士で走ってきたという気持ちでいますが、これまであいつのイヤな面を見せられたというようなことがマッタクない。本当に純粋でいいヤツだと思います。

シッチーは先ほどの取材で、あまり勝負に強いこだわりがなかったように言っていましたが?

それは見方によるかもしれませんね。勝ち負けには執着していなかったとしても、高校生の頃からすごい負けず嫌いな性格だったとは思います。それに、自転車についてはビックリするくらいの努力家です。天才っていわれることもありますが、身近で見ているとそれ以上に努力の男だなって思います。才能もあるけど、やっぱりいろんな努力をしてますよ。ただ、そういう激しい部分は、表に出さないというか・・。もともと、穏やかな性格なのは確かなので、彼自身、そういう面は表現しづらいのかもしれません。
僕なんか、彼に比べると本当にちょっといい加減というか、自分に厳しくしきれないところがあるので、時々真剣に「おまえ、もうちょっとしっかりせんとあかんよ」なんて、ハッパをかけられることがあるくらいです。そういう厳しいことを言う時でも、ことばの端々に思いやりがにじんでいて、いいやつだなぁってジ~ンと来るんですよ。

努力といえば、練習法についてはどうでしょう?

自転車のトレーニングに「体の使い方」という視点を持ってきたのは、岐阜ではシッチーが初めてだと思います。トレーニング方法そのものは、突飛なことをするわけではないのですが、同じトレーニングをしていても、独自の視点でとらえているので、質の高いトレーニングができているというか。とにかく、人の思いつかない視点でいろんなことを観ているので、そういうところは本当にすごいと思いますし、周囲への影響力もかなりありますね。しかも、上から目線で教えるというのではなく、彼自身が純粋にいいと思ったことを惜しげもなく紹介してくれるので、素直に感謝して取り入れやすいんです。

どこをどう切ってもシッチーはいい男ってことですか?

そういうことです。彼だっていろいろあるとは思うんですが、自分の感情よりまず周りの人間の気持ちを考えて行動する。それが、自然にできてしまうヤツなんですよ。同級生だし、同じ年なんですが、心から好きだし、いろんな点で尊敬もしています。キモチ悪いですか(笑)。でも、本当だからしかたなんですよ。とにかく、裏表のない、純粋でいいヤツです。今日もこれから一緒に練習するんですが、いまからワクワクしてますもん。じゃ、もうそろそろいいですか、シッチーが来るんで・・・。

 

練習中のようすについてもまた改めてレポートしますね

う~ん。シッチーの裏の(―_―)!!を探ろう。。。そんな野望もなくはなかったのですが、見事なまでに粉砕されてしまいました。やっぱり、シッチーは、私たちの見たまま、話したままの人だった。というわけで、あらためてシッチーの魅力に惚れ直しつつ、次回以降、いよいシッチー本人のインタビューへと続きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
取材メモ
山田雅之選手プロフィール

http://keirin.jp/pc/dfw/dataplaza/guest/membprofile?SNO=012742


コメントは受け付けていません。