シッチー、偉大なる大先輩のテレビ取材を受ける!・・・番外篇

◎取材が終わって シッチーのモノローグ

 

いゃ~、緊張したぁ。

TVカメラとかインタビュアーを前にしゃべるのもだけど、

大先輩の吉岡稔真(よしおかとしまさ)元選手が

(僕の話を)聞いておられたので・・・ふぅ・・・。

ふぅ。もともとTV取材とかどうしていいか分からなかったし、

最初は断りたかったのが本音。

でも、オファーがあって出られるときに出ておかないと、

次のチャンスないかもしれないし(笑)。

1回出ておくと、次はもっとうまく出来るかもしれないしね(笑)。

そう思ってエイヤッで出てみたけれど、

やっぱりうまくしゃべれなかったぁ。

(でも、レースとは異質の緊張感は度胸をつけるのには役立った。

今日の経験も何かに生きてくる。そう思う)

 

よし、『GⅠ』の舞台にまたあがる、あがったら獲る!・・・・。

「勝負へのこだわりをもっと表に出せ」ってアドバイスもあるし、

40代だからこそ、自分を変えることを畏れない。

変えることでかえって悪くなるかも。。。という不安に負けない。負けたくない。

俺が勝った姿を見て喜んでくれる人たちのためにも、

もう1段、上を目指す。

 

 

 

年齢は「不惑」。でも、まだまだ試行錯誤の

自転車大好き少年(大人になり切れない)というのが率直な気持ち。

ずっと少年のままかもしれないけれど、ちょっとずつ世界を広げていこう。

うん、それでいいかな。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シッチーは意識していないと思いますが、

取材スタッフの目に映ったシッチーは、

やはりどこまでも爽やかな自転車大好き少年そのものでした。

少年でなにがいけないの?!

どこまでも自分の道を進むシッチーを、皆さんもぜひ応援よろしくお願いします❤

 


コメントは受け付けていません。