ローフードは目からウロコの連続!…ゆるゆるキッチンRicoさん④

ロー海苔巻クッキングレッスンは(多少の困難はありつつも)無事終了。

ほどよく小腹も空いてきたところで、いよいよ試食タイムです。

 

第1回、ローフード基礎知識編はこちら。

第2回 ローフードスムージー編はこちら。

第3回、ロー海苔巻クッキングレッスン編はちこら。

 

 

自転車のことがいつも頭のどこにあるシッチー。

(前回もちょっと言いましたが) 盛り付けを考えてるうちに自転車小僧魂が騒ぎ出し、

ロー海苔巻をバンクをイメージして斜め切りにし、

その上にプチトマトを使って走行するBikeを表現してみました。

 

ほとんど初めての“男の料理”にしては上出来?!

 

さて、田中先生にテーブルセッティングをしていただき、

ついに実食です。

 

甘目の味噌ダレが野菜とベストマッチ

 

具材が野菜だけなので、多少の青臭さを覚悟しつつ口に入れましたが、

意外や意外、海苔と味噌ダレの香ばしさが際立ち

「生野菜を頑張って食べてます~」的な感じはほとんどありません。

サラダで食べるより、こっちの方が食べやすいとすら感じました。

 

洗って切るだけの手軽さもポイント高いんじゃないでしょうか?

具材にも決まりはなく、好みのものでいいそうなので、

いろいろ試してみるのも楽しそうです。

 

 

といいつつ、田中先生のロー海苔巻と食べ比べた結果、

巻き方はやはり固めの方がいいことが判明。

 

そう、

巻きが緩いと食べる時も中身がこぼれやすかったのです(笑)

 

さて、ロー海苔巻のあとは、なんと、デザート&コーヒーまで登場。

もちろん、こちらもローフード。

 

スイーツはロー・ブラウニー。

火は一切使わずに、細かくしたナッツやドライフルーツを固めて作ってあると先生。

そして、ドリンクは穀物コーヒー、玄米コーヒー、タンポポコーヒーといった

カフェインレスの代用コーヒーと言われるものでした。

 

見た目や香りも“本物”そっくり

 

 

またしても、これが驚きのウマさ!

特にロー・ブラウニーは、本物の焼き菓子とほとんど変わらない味。

黙って出されたら、正直分からなかったと思います。

代用コーヒーの中では、穀物コーヒーが一番普通のコーヒーに近い味かな~。

 

 

食事もアスリートのトレーニングのうち。

いいキッカケをいただいたと思って、

これからは健康のメンテナンスにも気を使おうと心に誓うシッチーでしたが、

ここで大きな問題が。

 

なんと、レース中の選手は指定の宿舎で“缶詰生活”をするため、

ローフードな食生活は難しいという。

 

一番、体調を整えたいときにコレは厳しい、、、

 

と、悩めるシッチーに田中先生が紹介してくれた切り札が

「酵素ドリンク」。

 

野草や有機野菜など素材にも各々こだわりが

 

酵素ドリンクというと酵素がそのまま入っているようですが、

実際は酵素による分解が進んだ「発酵食品」。

微生物や酵母菌などによる発酵によって野菜や果物の成分が低分子化され、

体内で吸収されやすい形になった「栄養素の塊」的飲料です。

 

また、すでに分解が進んでいるので、消化の必要がなく、本来なら消化に要する体内の酵素を代謝に回せ、体調を整える効果が期待できるそうです。

何社かの製品があり、それぞれ野菜や果物の組合せにオリジナリティがあって

味もさまざま。

ご好意で先生おススメのドリンクの試飲もさせていただきました。

 

青汁などと違ってジュースのような味

 

飲み難そうというイメージに反し、結構「オイシイ」。

レース期間中もこれなら手軽にローフードが実践できそうと

うれしくなったシッチー、勢いで酵素ドリンクを買ってしまいました~(笑)。

 

 

 

今回、ゆるゆるキッチンRicoさんにお邪魔するまで、

ローフードのロの字も知らなかったシッチーですが、

予想外の美味しさと栄養学的な奥の深さにも目からウロコ。

そして、たまには「男の料理」もいいかなと思う志知散歩となったのでした。

 

 

(ゆるゆるキッチンRicoさんの記事は今回で終わりです。

田中先生、本当にいろいろとありがとうございました!)

 

……………………………………………………………………………………………………………………

【取材MEMO】

ゆるゆるキッチンRico

http://yuru2kitchen.com/

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。