Salsa(サルサ)なバイク!①・・モトクロスインターナショナル篇

冬本番、まだまだ寒い日が続きますが、

自転車の中にはこの季節ならではの雪中トレイルができるモノなんかもあるって、

皆さんご存知でしたか。

今回の志知散歩は、そんな「冒険」も楽しめる自転車を求めて、

名古屋市にあるモトクロスインターナショナルさんをお訪ねしました~。

 

 

 

 

こんにちは。今日は、モトクロスインターナショナルさんが取り扱われている自転車の中でも、「Salsa(サルサ)」というバイクブランドについて知りたくてお邪魔しました。

 

 

こんにちは。サルサ担当の郡山です。

サルサに興味を持っていただいてありがとうございます。

サルサにもいろんな車種があるのですが、

志知さんが興味を持たれたというバイクはどんなタイプになりますか。

 

 

実は、これ、僕が2年くらい前に読んだ雑誌なんですが、

このケリーさんという女性の持っている自転車がすごくいいなぁと。

PEDAL SPEED vol.14より

 

あ、この記事ですね。

これは、2012年にアメリカ本国からサルサのスタッフがプロモーションで

来日した時のものです。

ケリーさんが持っているのは、「VAYA(ヴァヤ)」シリーズのバイクで、

「VAYA  TRAVEL(ヴァヤトラベル)」というタイプです。

このケリーさんという女性は、現在、サルサのすべてをデザインするデザイナーでもあるんです。

 

 

写真を見て可愛い人だなぁと思ったんですが(笑)、すごい人だったんですね。

 

また、この時は3名のスタッフが来日していましたが、プロモーションの合間を縫って

日本の京都や能登、新潟などへ走りに行っていました。

私もプロモーションパーティなどでお会いする機会がありましたが、

ケリーさんはもちろん、みんな本当に「自転車大好き!」な人達なんだなぁと実感しました。

 

 

僕はこの記事に書かれていることくらいしか知らないんですが、

実際、サルサというのはどういうブランドなんですか。

 

サルサは今から約30年前、アメリカでマウンテンバイクが発祥した頃からある

老舗ブランドの一つです。

誕生はカリフォルニアで、現在は北部のミネソタに本拠を移しています。

ものすごく「とんがった」バイク創りをしているブランドではありませんが、

乗って楽しく、扱いやすく、品質も良く、デザイン性も豊か。

そんな自転車を長年創り続けています。

ブランドネームのサルサというのはスペイン語でソースという意味。

日本でも、メキシコ料理なんかに使われるスパイシーなソースでお馴染ですが、

そんなサルサソースのように、

「生活に刺激と楽しみを与えてくれるバイクを創るブランド」というイメージがあります。

 

僕が魅かれたヴァヤトラベルも、まさにそんな感じで、

どこまでも気ままに走って行きたくなるような自転車ですね。

 

そうなんですよ。ヴァヤの中でも、このトラベルタイプは、世界中どこへでも持って行き易いように、実はフレームが分割できるようになっているのです。

彼ら自身が乗り手としてのこだわりを追求しているためだと思いますが、

「こうなっていたら便利・楽しい」という機能は結構盛り込まれていて、

派手ではありませんが、そういう面ではかなり独創的なブランドだと思います。

 

 

フレームが分割できるのですか、それは珍しいですね。どういう方法で?

 

フレームの中心部にカプラーと呼ばれる連結器が付けられています。

後、ブレーキやギアのワイヤー関係もネジ留めになっていて、

そこから2分割してコンパクトに収納することができます。

しかも、ここもポイントなんですが、ステンレス製フレームとスチール製フォークの組合せで、

錆びにくく強度も高くなっています。

キャリーが装着可能で荷物もかなり持ち運べますし、メンテナンス性も良いので、

街乗りでもツーリングでも長く乗って楽しめる1台になると思います。

 

いろいろこだわりがあるのですね。

できれば後で現物も見せて頂きたいてのですが・・・。

 

 

ヴァヤトラベルは完成車ではなくフレーム&フォークで販売が基本なので試乗車はありませんが、

ちょうどスタッフが購入した同様の構造であるSURLYトラベラーズチェックを組み上げたものがあるので、

それで良ければ後で階下の倉庫の方でお見せできると思います。

 

 

見るだけでもいいので、ぜひ、お願いします。

それと、サルサの自転車で、他に郡山さんのおススメとかありますか・・・。

 

 

と、ここで、突然の訪問者が・・・。

 

実は、自転車SHOPのオーナーでもあります

 

この方、モトクロスインターナショナルの一員で、競輪場でも仕事をされている佐藤さんです。

実は、モトクロスインターナショナルスタッフの中に大の競輪ファンの方がいて、

「ぜひ、志知さんと記念写真を撮りたい」というリクエストを伝えに来てくれたのでした。

 

というわけで、急遽記念撮影タイム~。

ご本人の携帯カメラでパシャリ。

  憧れの志知選手というこで、かなり緊張の面持ちでの撮影となりました。

 

 

と、今回の志知散歩はここまで。

次回、Salsa、SURLYなどのおすすめ自転車紹介、後半へとさらに続きます~。

 続きはコチラから

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【取材memo】

株式会社モトクロスインターナショナル

〒465-0024 名古屋市名東区本郷1丁目80

TEL:052-773-0256

http://www.ride2rock.jp/

*一般の方への直接販売は行っていません。

 


コメントは受け付けていません。