レースイベント仕掛け人 YKOとは?…③

皆さん、こんにちは。

今回の気になるあの人は、丸山由紀夫さんの第3弾をお届けします。

 

 

第1回の記事はこちらから

第2回の記事はこちらから

 

 

24歳で競技を離れ、その後、どういういきさつでレースイベントのプロモーションをしようと思い立たれたのですか?

 

競技を離れようと決めて周囲にそのことを話したら、レースで知り合った方から「うちで働かないか」と言っていただき、特に就職の当てがあったわけではなかったので、そのお話をありがたく受けることに。それで、豊橋から会社のある三重県に引っ越してきました。
そうなると、気になるのがGONZO PARK(ゴンゾーパーク)です。
実は、僕が手首を粉砕骨折した場所というのがGONZO PARKだったんです。
以来、競技に特化したトレーニングを第一にしたことと、怪我への反省もあってGONZO PARKに行くのは控えていたのですが、競技をやめたんだから解禁してもいいだろう!と。
それでまた行くようになったのですが、自転車の先輩で高校時代からお世話になっていた従業員の方から「GONZO PARKを盛り上げるようなレースイベントを企画してもらえないか」と声がかかって。

 

それまでにもレースイベントを開催したいというようなことは考えていたのですか?

 

過去にもイベントは開催していましたが、自分がいろんな先輩に引っ張ってもらい、競技の世界で活躍できたという気持ちがあったので「自分も後輩たちを引き立てるようなことをしたい」とは、競技をやめた時から考えていました。

 

先輩からのリクエストを受け、実際、どのようなレースイベントを企画されたのですか?

 

最初はかつての自分のようなダウンヒル競技のライダーをはじめ、競技ライダ―が目立てるようなレースイベントを企画していました。それが、回を重ねると共に成績上位者はよりメジャーなレースへ出場する力をつけていき、また、支援してくれそうな企業などと有望な若手を引き合わせるというようなこともできるように。

で、ある時気が付いたら後輩のさらに後輩が増えていて、さらにその周りに競技にはこだわらないという自転車好きの方も増えていた。その時、競技者を支えてくれているのは「実はガチガチの競技ライダーではなく、もっと普通のライダ―達なんだ」と強く思ったんです。
それがきっかけで、種目の枠を超えて、ライダーのレベルも超えて、もっと自由に「ライディング」を楽しめる、そんな今までにない競技会を開催したらみんな喜んでくれるんじゃないかと思うように。

 

それで、MTBだけでなくシクロクロスバイクなどでも走れるフリースタイルのダートクリテリムレース
「Crifford(クリフォード)」を始められたというわけですね。

 

はい。自分自身、怪我をするきっかけにもなってしまったんですが、クロスカントリーバイクでGONZO PARKのダートコースを走ってみたら、すごく新鮮で楽しかった。競技スタイルに合わせた自転車じゃない分、テクニックが必要になることも多く、遊びとしてもトレーニングとしてもイケるんじゃないかと感じました。

それで、GONZO PARKならではのBMXやフリーライドのMTBの走行を主体にした「バンプトラック」と呼ばれるコースを生かし、ジャンプなど縦の動きができるコブとか、角度をつけたカーブを曲がりながら走るバーム、あとダウンヒルにはない登り坂なんかを組み合わせ、Criffordオリジナルコースを開設しました。もちろん、機材はMTBでもシクロクロスバイクでもOKに。
さらに、2年目以降シクロクロスのコースに独特のシケインも設け、よりクロスオーバーに楽しめるよう工夫しました。

 過去のクリフォードの模様

 

そういえば、初めて取材した時は普通ならゼッタイに一緒に走らないバイクが入り乱れていて、聞いてはいましたが、実際に見てかなりビックリしました(笑)。

 

個人的にはママチャリでもOKと思っているんですが、さすがにそういう方はいませんね(笑)
でも、コスプレライダーの方なんかもいて、レースを盛り上げてくれています。

 

このまま、一気に最後まで、、、と思いましたが、まだまだ興味深いお話が続いたため、

この続きは次回第4弾に続きます~。

続きはこちらから

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

  

  


コメントは受け付けていません。