平原康多選手インタビュー②/自転車セッティング

競輪界のトップレーサー平原康多選手が

自転車のセッティング目的で名古屋・エボルバーバイクスに訪れました。

 

前回は、

まだまだ強くなりたいんです!という平原さんの競輪選手としての12年を紹介しましたが

いよいよ今回はセッティングの模様を紹介します。

平原康多選手インタビュー①/競輪選手として12年・・・まだまだ強くなりたいんです!はコチラから

 

平原選手にセッテイングを紹介したという後閑選手ですが、

実は、ほとんど直すところがなかったのは知ってますか?

湯川代表は平原選手もないんじゃないかな?って言ってましたが、

それでもいらっしゃったのは?

自分は直すところがイッパイあると思ってたんです。

乗ってて変えたいなっていうか変えたら良くなるかなって思うことが多々あって。

今まで調整はほぼ自分の感覚でやっていました。だいたいこれ!っていうのがあって

そこからちょっとずつ動かして微調整。

ちょっとずつ使い方を変えてみたりもしていました。

こうやってセッティングをしてくれるところがあること自体しらなかったんです。

教えてもらわなければ知らない世界でした。

 

 

 

 

 セッティングを受けてどうでしたか?

受けてよかったです。新しい自分が見えて・・・。

すごく楽しみです。

 

サンをかなりずらしましたね。

自分の中ではサンをずらすのはありえない世界というか絶対これじゃないと踏めないだろうと思ってたけど、アレ???すごく踏みやすい~(笑)

アレー????ッて・・・(笑)

相当自分の枠に囚われていたなと思いました。

 

ってことはサンを触ろうと思ったことはなかったってコトですか?

全く触る気はなかったですね。

 

湯川代表) みんな触りたがらないよね。怖いもんね。

 

このサンの位置はいつからですか?

ずーっとです。もう、ずーっと。

 

じゃあ、新たな気付きですね?

そうですね。楽しみですね。

きっと踏みやすくなるんだと思います。

 

湯川代表) 圧倒的にWATT数も増えてるから可能性はあるよね。

 

はい、本当に受けてよかったです。

 

湯川代表) 平原さんがバンクに入ってやってもらわないといけないのは・・・

踏む位置の限界は決まっているので、

あとは回転が出しやすい、出しにくいってなってくると

サンの微調整が必要となります。

踏みも回転軸も見つかる場所があるはずなんでバンクで決めてくださいね。

 

自分でやるしかないんですよね?

湯川代表) だってボクはバンクには行けないでしょ・・・。

 

 

 

 

 

後閑さんに負けないようにがんばります!!

 

後閑さんは先輩であり、同士であり、

目標でもあるんで。

 

一緒に競輪界を盛り上げれるように・・・。

 

中部勢に負けないように

がんばります!!

平原選手が受けたセッティング

S.W.U.V®(Synchronize With Your Vehicle)ホームページはこちらから

 

そしてこの日、セッティングを終えた平原選手は、

実は、エボルバーバイクを今後買うために現物を見たいんです!。

そして触ってみたいんですが・・と。

 

さらに・・・・、

セッティングのことは知らなかったんですが、

実はエボルバーのロードバイクは前から知ってて欲しかったんです。とも。

 

それには湯川代表も驚いたようで

湯川代表)  えー知ってたの?

 

深谷君からすごく堅くてイイ練習になりますよって聞いてたので欲しかったんです。

でも、なかなか愛知に来る機会がなくて。

今回はセッティングもあるし、ならばぜひ!と思って来ました。

 

ロードの練習もされてるってことですか?

いままであまりやってこなかったんですが最近少しずつ乗るようになりました。

ロード練習の成果も感じています。

・・・と。

 

終始ニコニコされていて全身から優しさがにじみ出ていた平原選手。

おかげで最初の緊張はすぐにほぐれ、楽しく取材させていただくことができました。

 

ですが、平原選手、本当にすごい選手なんです。

2700名を数える選手がいる競輪界で、

選ばれし9名からなるSS級の選手なのです。

そうです!まさしくピラミッドの頂点に立っている選手!!

 

そして、平原選手は先日の第56回朝日新聞社杯競輪祭(GⅠ)で優勝され、

年末のビックレース「KEIRINグランプリ」への出場が決定しました!!!

 

TOPアスリートの平原選手、

それでも、まだまだです・・・・まだまだこれからです・・・と話し、

さらに上へ上へと挑戦し続けています。

 

そんな平原選手に取材させていただけて、本当に光栄でした。

ありがとうございました。

 

エボルバーバイクス湯川代表にも感謝・感謝です。

 

平原選手と同じく競輪SS級選手取材記事

金子貴志選手の記事はこちら

後閑信一選手の記事はこちら

深谷知広選手の記事はこちら

 

 

その他の競輪選手取材記事はコチラから

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

  

  

 


コメントは受け付けていません。