プロ選手 等身大/キナンサイクリングチーム  中西・野中選手篇

第32回 シマノ鈴鹿国際ロードレース会場でキナンの

山本キャプテン、リカルド選手、野中選手、中西選手にインタビュー!

写真、左からリカルド選手、山本キャプテン、野中選手、中西選手


中部に寮を構える(拠地/三重県多気町)プロチームということで、サイクルジャムでもレースレポートなどをお届けしてきた『KINAN Cycling Team=キナンサイクリングチーム」 (以下、キナン)。2015年より約10年ぶりにプロチームとしての活動を再開。2015年1月1日からよりUCIコンチネンタルチームとして、国内各地のロードレースに本格参戦。

2015ツアーオブジャパンのジャイクロフォード選手 個人総合タイム12位、主催する最重要レースであるツールド熊野での個人総合8位をはじめ、JBCF湾岸クリテリウムでは、チームの今年前半の目標でもあった公式レース初優勝をロイック•デリアック選手が決め、さらに国内最大のホビーレースと謳われる第32回シマノ鈴鹿国際ロードレース(以下、シマノ鈴鹿)では、リカルド・ガルシア選手が第5位に入賞。リカルド選手は続く、第一回JBCFみやだ高原ヒルクライムでは第3位に、第7回 JBCF みやだクリテリウムでも第 3位入賞と、UCIコンチネンタルチームとして初年度から、一躍優秀争いにからむチームとしてと、存在感を発揮しています。

 

と、ここで「入賞者は外国人選手ばかり‥‥」と思われた方もいらっしゃるのでは(かくゆう編集スタッフがそうだったんで‥)。 ロードレースはチームの戦略として、各レースのコース状況や選手のコンディション等により、そのレースで最後の勝負を託すエース選手を決め、残りの選手でアシストをしながら長いレースを戦っていくのが一般的。つまり、エースが上位入賞するには、アシストを決める選手たちの存在も大きいのです。

 

そして、ここからが本題。

実はリカルド選手が5位入賞を果たしたシマノ鈴鹿当日、ここ数ヶ月キナンの活躍を追ってきたサイクルジャムに、出場選手たちへのインタビュー許可がいただけたのです! イベントやレース準備で気持ちにも時間にもゆとりがない中、快く取材にご協力下さった山本キャプテン、リカルド選手、野中選手、中西選手、本当にありがとうございました。

なお、レースに関するインタビュー記事は

http://cyclejam.jp/?p=24465

をご覧ください。

では、以下、4人の選手が「いつもどんな生活をしているのか」といった、プロ・ロードレーサーの等身大の姿を少しでもお伝えできれば~です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

シマノ鈴鹿で、エースを託されたのはリカルド選手、そしてそのアシストを山本キャプテン、中西選手、野中選手の3名が担っていました。そこで、今回はチームの底力を支えた陰の功労者的選手からご紹介をしたいと考え、まずは、中西選手、野中選手のお話からご紹介します。

 プロになるなんて夢だと思っていた。

いまキナンで走れる幸運を、実力に変えていくよう頑張りたい。

 

中西 重智 (ナカニシ シゲモト) 選手
生年月日  1990.04.12
出身地   滋賀県
身長/体重  173cm /64kg
スペシャリティ(脚質) ルーラー

キナンに所属することになったキッカケは?

 以前所属していたJPスポーツテストチーム・マッサ・アンデックスでの走りを見た加藤ゼネラルマネージャー(以下、加藤GM)が、2014年のキナン復活に向け、メンバーにならないかと声をかけてくださったのがキッカケです。高校、大学と自転車競技に打ち込んできましたが、さすがにプロのになるのはかなわぬ夢かなと思っていました。だから誘ってくださった加藤GMにはとても感謝しているし、チームの皆んなにも貢献する走りができるよう精一杯頑張りたいですね。

キナンには寮があると聞いていますが、中西選手も寮に?

はい。ただ、寮というと1つの建物に皆で一緒に住んでいるイメージですが、キナンの場合、三重県の松坂市を中心に練習に支障なく集まれる範囲で、それぞれ気に入った賃貸住宅に部屋を借りてもらっています。

では、食事の管理等はご自分で?

 そうです。普段の食事では栄養バランスが偏らないように気をつけています。また、トレーニングやレース後は、タンパク質や炭水化物をできるだけ早いタイミングで取り、疲労回復や筋力アップできるようにしています。

  いつもどんな形でトレーニングをされているのですか?

 年間のレーススケジュールに合わせ、各レースの直前にチームトレーニングを行い、あとは個人個人でトレーニングをしています。例えば、週末にレースが行われる場合、月~水曜日まではハードに追い込むトレーニングを行い、木曜日位から徐々に負荷を軽くしてコンディションを整え、週末のレースに臨むというのがパターンです。

  最近、中西選手が重点的に取り組んでいるトレーニングは?

 いろいろ満遍なくやらなくてはいけないのですが、特にレース後半になると力が発揮できないことが多く、自身の未熟さを強く感じるので、スタミナ強化とスプリント勝負もできる脚力強化に力を入れています。

 具体的にはどんなことをされるのですか?

 スタミナ強化にはとにかく長距離を走ること、また、スプリント強化には短いインターバルでの全力疾走を何回も繰り返す等しています。

最後にファンの皆さんへメツセージをお願いします。

 日本人選手はもちろん3名の外国人選手もフレンドリーな性格なので、レース会場で見かけたら気軽に声かけ、応援よろしくお願いします。レース直前等、集中力を高めている時間帯はちょっと難しいかもしれませんが、それ以外であればサインや記念撮影もOK! 僕も多くの皆さんとお会いできるのを楽しみにしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いて、野中選手。

髪を切るから気合が入るのか、

気合が入るから髪を切るのか、

レース前はなぜか髪を切りたくなるんです(笑)。

 

 野中竜馬 (ノナカ リョウマ)選手
生年月日  1989.07.22
出身地   広島県
身長/体重  180cm /67kg
スペシャリティ(脚質)    スプリンター、ルーラー

 

キナンに所属することになったキッカケは?

去年、お世話になっていたシマノレーシングからの移籍先を探していたタイミングで、人づてにキナンサイクリングチームが復活すると聞き、興味を引かれて加藤GMにコンタクトを取りました。そこからトントンと話が進み、加藤GMと石田監督とお会いすることに。その席でキナンがUCIの昇格やワールド・ツアー参戦を目指していること、また、山本キャプテンをはじめトップクラスの外国人選手もメンバー入りが決まっていた等、目標にもチーム編成にも心を動かされ、ぜひにとキナンのメンバーに加えてもらいました。

野中選手も寮で生活を?

はい。私は三重県 多気町の借り上げ寮にいます。以前は大阪にいましたが、松阪市周辺は大阪に比べて信号も交通量も少ないので、ロードバイクのトレーニングにはとても良い環境だと感じています。

食事で気をつけていることはありますか?

いまはまだ食べてもあまり太らないので、栄養バランスには気を使いますが、基本的に食べたいもを食べたいだけ、美味しく食べるようにしています。

レースの前はどうされていますか?

ちゃんとした食事であれば2、3時間前には食べ終わるようにタイミングを図っています。それを過ぎてしまったら、レースまでの時間によって徐々に消化のいいものにしていきます。バナナとかは30分前でも食べますし、ゼリーのようなものなら直前に取ることもあります。

野中選手はどういったサイクルでトレーニングを?

まず、年間のレーススケジュールを見て、自分の脚質などによってトップが狙えそうなレースを中心にトレーニングスケジュールも組み立てています。例えば、狙えそうなレースの場合は1週間位前からトレーニングを軽めにし、当日、疲労のない、ベストコンディションの体で走れるよう気をつけています。
また、ルーラーなどアシストメインでいくレースの場合は、中西選手も言っていましたが、だいたい週の頭はハードに、週末、レースが近づくにつれ軽めのトレーニングに移行します。

個人トレーニングとチームトレーニングとでは違いはありますか?

はい。一人でやるトレーニングとチームでやるトレーニングでは、内容も目的も明確に分けるようにしています。個人トレーニングの時は、LT(乳酸閾値)をあげることを目的としたトレーニングを重点的に行い、ローラーもよくやっています。チームトレーニングでは、チームのみんなとレースさながらに走ることで、レース勘を養ったり、また、ゴールスプリントに強い選手と競うことで、スプリント力を強化するとともに、いま自分ができることの確認や弱点を分析するようにしています。

そういえば、石田監督から野中選手はレース前に髪を切るクセがあるとお聞きしたのですが。

えっ、う~ん。そう言われてみればそうですね。特に気合の入ったレースの時は、髪が短くてもまた切りに行ったりしています(笑)。髪を切ると気持ちが引き締まって「さぁ、やるぞ」と思えます。気分転換にもなりますし、レース前はオススメですよ。

最後にファンの皆さんへのメッセージをお願いします。

チームスポンサーの株式会社キナンの角口会長は、実は選手以上に“熱い”! その想いに応えてキナンサイクリングチームもどんどん強くなっていこうと、チームワークを磨き、選手一人ひとりが頑張っています。いまから応援してくれている方たちに近い将来「私達の応援で強くなった!」と笑顔になってもらえるよう頑張りますので、ぜひ、応援よろしくお願いします!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の『プロ選手 等身大』はここまでです。

次回は、リカルド・山本選手篇として、

リカルド選手、山本キャプテンはもちろん、石田監督、
そしてシマノ鈴鹿レース当日のフォトセッションもお届けします~。

キナンサイクリングチーム チーム取材記事はコチラから

山本選手紹介記事

リカルド・ガルシア選手紹介記事

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

yclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

  

  


コメントは受け付けていません。