平原康多選手と柿沼信也選手にお会いしました。
柿沼選手、バイク購入の苦悩(笑)・・・。

平原康多選手との1年ぶりの再会ではステキな愛車を見せていただきました。

平原選手愛車紹介記事はコチラから

 

そして、この日のもう一つの目的は後輩・柿沼信也選手のエボルバーバイク試乗。

今回は柿沼選手の紹介~バイク購入の苦悩(笑)を紹介します。

 

高校では自転車を!と思って自転車部のある高校を選び、

ご本人はギリギリでしたが、と話されますがインターハイにも出場されている柿沼選手。

5~6年前から平原選手と一緒に練習するようになったんだそう。

そんな柿沼選手にお話を伺いました♪

 

平原選手と練習をするようになって何か変わりましたか?

はい。自分だと試せないこと、試さないことを後押ししてくれるので

色々挑戦していろんな事に「気づかせて」もらっています。

それまでは何も知らず我武者羅にただやっているだけだったんです。

今日だって、一人だったら絶対に来る勇気もないんだけど

ついてきてもらえて・・・・。

色々アドバイスを頂きながらイイ環境でやらせてもらっています。

 

成績はどうですか?

ボクの場合はまだ物足りないんですが、それでも良くはなってきています。

目標は?

S級に上がって、通用する選手になりたいです。

 

エボルバーバイクに興味をもったのは、平原選手の影響ですか?

ハイ。平原さんからエボルバーの良さを「堅くて練習になる」と聞きました。

その後、他の選手の自転車(エボルバーの)もインターネットで検索して

色々見たんですが、ますます欲しくなりました。

 

平原選手の自転車には乗ったんですか?

いえいえ・・・そんな・・・。

 

と、横で話を聞いていた平原選手が

またがったでしょ~。堅さを見てみたらって。と一言。

 

あっはい!そうです。あります。あります・・・。と、慌てる柿沼さん。

 

実は柿沼選手、序盤、と~っても緊張されておりました。

どうやら照れ屋さんで、

さらに初対面にもかかわらず、次から次へと質問攻めをする

サイクルジャムスタッフへの警戒心からの緊張もあったようです。

 

足の長さを測ったり・・・・と採寸をすませ、いよいよ試乗。

おそらくジャストサイズであろう「530」の試乗車にまたがる柿沼選手。

 

堅さを確かめるべく~から、堅さを実感し~へと。

楽しそうに何度も何度もスタッフの前を通り過ぎていきました(笑)

 

そして部屋へ戻り、具体的な受注の話へ。

どうやら柿沼さんのサイズは「530」か「540」のどちらかだそうで。

それぞれステムやハンドルで調整すれば柿沼オリジナルが出来上がるということらしいのですが

そこからが大変でした。

どちらにすべきかを決めなくてはいけないことになった柿沼選手は悩み始めたのであります。

 

いくつもの質問を湯川代表に投げかけ、なんとか答えを見つけようとしていました。

 

かなり悩んでいる後輩を見て、平原選手が

「ボクなら「530」でつくる。ステムを詰めたくないから。長いステムで乗りたいからね。」

と一言。

すると、

「じゃ~「530」にします!」と即答の柿沼選手。

 

なんじゃこりゃ~ですよね(笑)

自分の意思がないじゃん・・・・。と平原選手


いやいや信者ですから~。信用してるんですもんね。とスタッフがフォローするも、

 

でもね・・・「決断力」をつけないといけないんですよ。

レース(競輪)って瞬時の判断じゃないですか・・・・。と。

 

それでも、さらに質問攻めを続ける柿沼さんは「自転車に関してはしっかり考えたいんです!」と真剣そのもの。

※泣いているわけではありません・・・(笑)

 

今、ここでサイズ決めなくてもいいので、ゆっくり考えてください・・・と湯川代表。

 

そういう湯川代表に反して、

ここでサイズ決めた方がいいですよ!ここで決めなかったら帰りの車の中で

平原選手に口利いてもらえないかもしれませんよ~(笑)と、スタッフが茶化すと

すかさず 大丈夫です!話しますよ~。と柿沼選手。

 

そんな柿沼選手に

あきれちゃいますよね~。と、いいながらもにっこり笑っている平原選手は

いつものことなんで慣れっこです。慣れっこ。

と、呆れているようでも、優しく見守っていらっしゃいました。

 

平原選手に広い心で温かく見守ってもらってるんですね。

そう、広い心なんです。じゃないと僕なんてとっくにポイ!です(笑)

 

練習でも、平原選手の指示に絶対従うんでしょうね。

と訊ねるとすかさず平原選手は

いえ、そんな事ないです。聞いてないんですよ、人の話を。と。

 

これにはみんな大爆笑~。

 

え~信者じゃないんですか!!!???

柿沼)いえ~、信者なんですけどぉ~。

頭が良くないんで教えてもらってるのに

違うことやっちゃうんです・・・

はははっ・・・・。

本当になんだか漫才をみているようで・・・

とにかくとってもいい関係であることがわかりました。

 

サイズの話が出てから2時間あまり悩まれた柿沼選手でしたが

結局この日は答えは出ず・・・・・。

「530」という結論が湯川代表に入ったのは数日後だったそうです(笑)

 

ステキなバイクが出来上がるのが楽しみですね、柿沼選手っ!!!

 

柿沼選手のステキな先輩、平原康多選手は、

今月30日に行われる「競輪グランプリ」に出場されます。

次回は平原康多選手のグランプリへの想いを紹介します!!

 

  

  


コメントは受け付けていません。