フォトジャーナリスト・ブライアンの通訳をやり遂げました~その3~ byエボルバーバイク湯川代表

アメリカ国籍・フォトジャーナリスト ブライアン・ホーデス氏「競輪グランプリ」取材に通訳として同行した エボルバーバイク 湯川代表からのレポート  その3 を紹介します。

 

12月28日、ガールズの裏では他の選手は体のケアには入念です。
柔軟体操する選手やある理論に基づいてバランス調整をする選手も。
各自もちこんでいる器具もあったりするわけです。

1本下駄やストレッチポール、浅井選手は開発中の器具を山内選手に披露。
詳細は内緒です。
まだまだGPの方々はリラックスモードですよ。冗談いえている選手もいるしね。
そういうときのブラインアンはすかさず撮影距離はかなり近い。
やはり今しか撮れない瞬間を逃したくないようだ。
実際、本番が近づけば当然近距離撮影まで禁止となるからね。

コメントは受け付けていません。