フォトジャーナリスト・ブライアンの通訳をやり遂げました~その5~ byエボルバーバイク湯川代表

アメリカ国籍・フォトジャーナリスト ブライアン・ホーデス氏「競輪グランプリ」取材に通訳として同行した エボルバーバイク 湯川代表からのレポート  その5、最終回 を紹介します。

 

そんなわけで、2015GP(2015.12.30開催)の結果は

いまさらまた発表することになりますが、三重の浅井康太選手でした。

ごっそリ積んだあの1億円もってかえっていったのね~
3日間 駆け込みで遂行した取材も
ブライアンにとってはグランドツール廻ることよりはたいしたことも無いのかも知れないのね。
しかしプロ仕様のカメラ背負って、脚だけの移動で撮影は大変ですわ。
多少は、僕のお手伝いも役に立っていたのかな?
是非とも今後とも毎年GPには来て貰いたいものだ。
さーてこのブライアンの写真ギャラリーを見ることができます。
過去の彼が廻ったレースのレースを匠的に描写しています。
ぼくは過去に3枚購入して、オフィスに飾っています。
皆さんも興味があれば好きな大きさに引き伸ばしてもらってインテリアにしてみますか?
僕は購入した写真にブライアンのサインをフレームにいれてもらって、プラス写っている選手にもサイン入れてもらっています。
ダブルネームでの写真を額縁にいれているのです。 僕の宝物になっています。
たぶん見ればみなさん気付くと思いますが、なかなか取れない写真を彼はとっていますよ!
憧れの選手の写真も見つかると思いますので、観て見ましょう。
BRIAN HODES/veloimages

*veloimagesはevolverbikescomがjapan agentです。


コメントは受け付けていません。