プロ選手の意外な裏側紹介!

明日から名古屋競輪場で

日本選手権競輪というビックレースが開催されます。

志智散歩でおなじみの志智俊夫選手をはじめ

サイクルジャムで何度も紹介させていただいた

金子貴志選手、後閑信一選手、新田祐大選手、平原康多選手、深谷知広選手、山内卓也選手などなどが出場!!

選手取材記事はコチラから

みなさんがんばってもらいたいです~。

 

今回はそんな華やかな舞台で活躍されている選手の裏側・・・・、

意外にもコツコツコツコツと裏方作業をする一面もあるということを

紹介したいと思います。

 

一宮競輪場の訓練指導員兼道場責任者である山内卓也選手に以前うかがったお話です。

訓練指導員は

愛知の場合、名古屋、豊橋、一宮の3競輪場に各1名。

強化訓練(訓練合宿等)の日程調整、練習内容を決めるのも役目。

月2回、支部訓練も行うそうです。

 

道場責任者は、こちらも各競輪場に1名。

役割の一つには備品の補充もあるそうで・・・。

シャワールームで使うボディーソープやシャンプー・リンス、

その他、ティッシュや誘導バイク用のガソリンなどの買出しをしているんだそう。

 

そして驚きは、一宮競輪での走路補修。

一宮競輪廃止されて以降、走路の管理は選手が行わなくてはならなくなり

道場責任者が補修作業もしているというのです。

 

夏場は暑さでバンクが凹みやすく、冬は乾燥で割れちゃうんですよ。

ヒビ割れたところにアスファルトを流しいれて埋めたりしてます。

バンクの直線のところは作業しやすいんですが、

カーブのところは脚がキツクて・・・。

本当に大変なんです。

 

まさか山内選手からそんな話が聞けるとは!

そんな作業をしているとは!!

本当にビックりしました。

 

この作業をするようになって、いままで気づかなかったですが

バンクを管理してくれている人がいたから

安心してレースで走れたんだ・・・とありがたみがわかるようになりました。

とも。

 名古屋競輪訓練指導員鈴木選手(左)と山内選手

 

華やかな世界に見える競輪選手ですが、

日々の練習だけでなくその練習をするために

事故なく安心して練習ができるようにと

バンク整備をしている選手もいるんだ・・・・と、驚きを隠せませんでした。

 

そんな作業をしている山内卓也選手も

明日から始まる日本選手権競輪に出場されます。

 

選手それぞれ色んな想いを持って、勝つために走ります。

 

ロードレースとはまた違った魅力のある「競輪」。

ぜひ、ご覧ください!!!

 

プロ選手たちを支える選手・開催指導員紹介 記事はコチラから

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

  

  

 

 

 

 


コメントは受け付けていません。