NTNプレゼンツ第20回ツアー・オブ・ジャパン2017 第1ステージ堺

5月21日(日)から始まったNTNプレゼンツ ツアー・オブ・ジャパン2017(UCIアジアツアー2.1)。海外および国内の計16チーム95人が大阪府堺市に集結した。第1ステージ堺は個人タイムトライアルで、ダニエル・サマーヒル(ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング・チーム)3分15秒53で優勝。日本人選手では岡篤志(宇都宮ブリッツェン)の8位が最高順位となった。

第1ステージは大阪府堺市の大仙公園を1周する2.65kmの個人タイムトライアル。およそ平坦だがコーナーが連続する区間などあり、パワーとテクニックの両方必要なコース。会場は朝から晴天に恵まれ強い日差しが照り付け、主催者発表7万6000人の来場者を数えた。

これに先立って、ツアー・オブ・ジャパン参加選手全員による堺国際クリテリウムや実業団堺クリテリウムも行なわれ、国際クリテリウムは最終周回に地元シマノレーシングの列車も見られたが、フィニッシュ手前で抜け出したルーク・キオー(ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング・チーム)が優勝した。

 


第1ステージ堺は風も弱く好タイムが続出。中盤に出走したダニエル・サマーヒル(ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング・チーム)が3分15秒53で優勝。

表彰式プレゼンターのNTN株式会社 代表取締役社長 大久保博司氏とダニエル選手  @TOJ2017

 

昨年に3分19秒00で優勝したアンソニー・ジャコッポ(アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス)が2位に入った。日本人選手では岡篤志(宇都宮ブリッツェン)の3分19秒32が最高で8位となった。優勝したサマーヒルは12年から同チームに所属し、今年のツール・ド・台湾でステージ優勝している。

優勝のダニエル・サマーヒル(ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング・チーム)
「日本に初めて来てこの美しい国で勝てて嬉しい。今日はチームのみんなが勝利を狙っていたよ」

スタートのダニエル選手  @TOJ2017

 

日本人選手最高位の岡篤志(宇都宮ブリッツェン)
「今日自分が狙えるとは思っていなかったが嬉しい。調子が良いことは今日で確認できたので明日からはステージ優勝を狙いたいです」

スタートの岡選手  @TOJ2017
結果
第1ステージ堺 2.65km
1位 ダニエル・サマーヒル(ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング・チーム)3分15秒53
2位 アンソニー・ジャコッポ(アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス)+0秒45
3位 イヴァン・ガルシア・コルティナ(バーレーン・メリダ)+0秒83

 

個人総合順位
1位 ダニエル・サマーヒル(ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング・チーム)3分15秒
個人総合ポイント順位 第1ステージ終了時点
1位 ダニエル・サマーヒル(ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング・チーム)10点
個人総合新人賞順位
1位 イヴァン・ガルシア・コルティナ(バーレーン・メリダ)+01秒

・堺ステージ実行委員長の斧 隆夫とバーレーン・メリダのコルティナ選手  @TOJ2017

 

 

チーム総合順位 第1ステージ終了時点
1位 チーム右京 9分54秒
堺国際クリテリウム 26.5km
1位 ルーク・キオー(ユナイテッドヘルスケア・プロフェッショナル・サイクリング・チーム)35分27秒
2位 マルコ・カノラ(NIPPO・ヴィーニファンティーニ)
3位 アンソニー・ジャコッポ(アイソウェイ・スポーツ・スイスウェルネス)

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

  

   

 

 

 


コメントは受け付けていません。