キナンサイクリングチーム ファン交流イベントレポート

ジャパンカップメンバーがイベントに参加
Champion System Japan さま主催ライドとパーティーでファンと交流

パーティー参加者全員での記念撮影

 

 

 

23rd October 2017
10 月 20 ~ 22 日のジャパンカップサイクルロードレースを終えた、KINAN Cycling Teamメンバーは、閉幕翌日の23日にChampion System Japanさま主催のイベントに参加。ライドとパーティーを通じて、多くの参加者と交流を行った。

選手と参加者の近さもこのイベントの魅力に

 

 

 

ジャパンカップにおいて KINAN Cycling Team は、21 日のクリテリウムで雨乞竜己が 4 位、翌 22 日のロードレースでトマ・ルバが 5 位と好成績をマーク。世界のトップチーム が参戦したビッグイベントにあって、存在感と戦力の充実を示した。
大きなアピールに成功したチームは、23 日朝に宇都宮市を出発し、Champion System Japanさまが東京都稲城市で手掛けるコーヒーショップ「CROSS COFFEE -chocolate & sandwiches-」へと移動。午後からのイベントには、雨乞とトマのほか、ジャイ・クロフ ォード、山本元喜、マルコス・ガルシア、中島康晴の 6 人が臨んだ。
まず、午後 1 時スタートで行われたのが、プレミアムファンライド。7 人の参加者とともに目指したのは、神奈川県相模原市のベーカリーショップ「オギノパン」。サイクリストの間でも人気のお店を目標に、棈木亮二代表をはじめとする Champion System Japan スタッフのリードのもと、片道約 30km のコースを走行。状況に応じ選手・参加者とが 2 組に分かれて走るなど、交通事情に配慮しながら目的地へと向かった。

プレミアムファンライド出発前に参加者と KINAN Cycling Team の選手たちがライドの安全と健闘を誓う

 

 

 

隊列を組んで走行

 

 

 

プロ選手と走ることのできる数少ない機会

 

 
そして到着したオギノパンでは、思い思いにお好みのパンを購入し、その場で“補給”。 特にテレビ番組でもたびたび取り上げられるという「あげぱん」は、できたてにありつく 幸運。同店の“自転車部”部長の荻野隆介さん加わって、しばしサイクリング談議に花を咲かせた。

「オギノパン」でお好みのパンを買って“補給”。マルコス・ガルシアと並んでパンをほ おばる

 

 

 

絶品のあげぱんはできたてをゲット。中島康晴と一緒に美味をアピール
帰りは、通称「尾根幹」こと南多摩尾根幹線をライドする、南関東のサイクリストにはおなじみのコースをチョイス。無理のないペースで走り続けたこともあり、「CROSS COFFEE」への帰還は午後 5 時過ぎとなったが、参加者にとってはプロ選手と走ることのできる数少ない機会に満足した様子だった。

復路は「尾根幹」こと南多摩尾根幹線を走行した

 

 

 

トラブルなく走り切り、みんなで記念の集合写真

 

 

続いて、午後 6 時 30 分に幕開けしたのがファン感謝パーティー&トークショー。KINAN Cycling Team からはライドを終えたばかりの 6 人のほか、会場近くの実家に帰省中の椿 大志を“緊急招集”。7 選手が 17 人の参加者と交流した。

ファン感謝パーティー&トークショーの幕開け。Champion System Japan さま・棈木亮 二代表と KINAN Cycling Team・加藤康則 GM が開会のあいさつ

 

 

 

なかでも盛り上がったのは、今シーズンの戦いを振り返りながら進行したトークショー。 選手はもとより、チームスタッフも加わって数々の勝利の裏側や、感動のストーリーを紹介。笑いあり、涙ありの時間となった。トマとマルコスが帰国便の都合により途中退席を 余儀なくされたが、参加者が明るく見送るなど和やかなムードが印象的だった。

大きな盛り上がりとなったトークショー。今シーズンの戦いを振り返りながら進行した

 

 

 

また、シェフお手製のパスタやバゲットサンド、スイーツなどが続々と登場したほか、リキュール類も飲み放題。美味しい料理とお酒に舌鼓を打ちながら、選手・スタッフは参加者との歓談を楽しんだ。
パーティーの締めくくりには、選手たちがお土産を参加者に直接手渡し。記念の品に選手たちがサインするシーンも数多く見られた。

パーティーの締めくくりには選手から参加者へお土産を手渡し
今回のイベントでは、このところのレース結果から KINAN Cycling Team を初めて知ったという方や、「近所にプロ選手が来るから」といった理由で参加された方も多かった。 「毎年 6 月に開催されるツール・ド・熊野での個人総合優勝者の輩出」を目指すチームの 姿勢や、選手・スタッフの人となりに触れることで、チームを愛していただくきっかけづくりにも絶好の機会になった。
チームは引き続き、レース活動と並行してイベント参加にも積極的に取り組んでいく。 なお、ジャパンカップ参戦の本隊は 24 日に解散。各自ベースへと戻り、休養や次のレースへの準備に入る。
■ CROSS COFFEE -chocolate & sandwiches-
ショップデータ 木のぬくもりと心地よい明るさが特徴の店内。こだわりのドリンクやフードをいただきながら、良質のChampion Systemライドアイテムを探したい。JR南武線・矢野口駅からのアクセスも便利。
東京都稲城市矢野口 227-1 グランツドルフ 1F
TEL042-401-6126
営業時間:月曜~金曜 11:00 ~ 19:00、土曜・日曜・祝日 7:00 ~ 18:00

「CROSS COFFEE -chocolate & sandwiches-」外観

 

 

 

~写真紹介~

「オギノパン」荻野隆介部長(前列左から 4 人目)を囲んで記念撮影

 

前日のジャパンカップで快走したトマ・ルバは参加者からの高い人気を誇った

 

 

 

“緊急招集”の椿大志が参加者にパスタを振る舞う

 

 

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

  

   

 


コメントは受け付けていません。