「RIDE ON SUSAMI」その2 
投稿レポート 藤川さんより♪

藤川さんからイベントレポート「RIDE ON SUSAMI」その2を紹介します!

 

その1はコチラから

 

 

翌朝、問題なく6時に起きることが出来ました。



外にはライトをつけた漁船が停泊しています。漁師町の朝は早い。それでは向かいましょう。

 

会場は良い賑わいですが、今日は肌寒いです。今期一番の冷え込みでした。
本州最南端のこの地域、摂氏0度以下になることは無い地域ですが、それでも冬の寒さにまだ慣れていない我々には堪える寒さです。
ちなみにこの時、私の地元の山は五合目ほどまで雪が降りてきておりました。

 

しばらくすると、なにやらゆるい(古い?)のが出てまいりました。
ものめずらしいのか大人気。シャッターを押す垣根が無くなりません!
あれはいったいなんでしょう?師匠に聞いてみました。

あれは30年以上前からいる、わが町の○るきゃらの大先輩ですわー。

なるほど!凄く年季を感じます。
なんと、イノブータン王国の国王と王妃とのこと。
王妃の足がスニーカーのようにも見えますが、庶民派ということでしょうか?
相手は国賓ですから、皆さんは絶対に失礼のないように ですよ!

 

さらにもうひとつ、気になるものが置いてありますよ?師匠、あれは?

あれはわが町の公用車ですわー。すさみ町長なら何処へ行くにもスーパーカブですわー。

なるほど!にわかには信じがたいことですが、現地民が言うなら間違いありません!さすがベストセラーの名車です。
他にも、すさみの伝統芸能などが披露されていたようです。(私は荷物を取りに車へ行ったりきたりしていたら見逃しておりました・・・。)

さぁスタート前です。
スタートは20人ずつ、約1分間隔ですので、最終組3つ前だった我々は約30分遅れでのスタートですよ。
そのあいだ、ブラスバンド部は30分間、かじかむ素手で演奏マラソンです。我々手袋してても寒いですが…。いやはや、本当におつかれさまです!

ここからは、 動画https://youtu.be/yk7COGEE-rQ もあわせていきます。


キレイなキレイな海岸線を突き進みます。
前のグループに追いついて詰まったタイミングでパシャリ。
ちょうど自分の後ろにサポートライダーさんが居たので、通りぬけた施設や景色について説明を頂戴しつつ進んでいきます。ナイスアテンド!


最初のチェックポイントにつきました。
婦夫(ふうふ)波と呼ばれる場所です。写真中央の波が岸壁に遮られた結果、両側から波が立ち、真ん中でぶつかり合ってるのがわかりますか?
これは、婦夫の仲つつまじい婦夫喧嘩を表しているのです。ちなみに婦を先に読むのはこちらが優勢だからだとか?(全て勝手な推測です!)
隣にはブッシュコーヒーさんがあります。
こちらのエイドでは、そのブッシュコーヒーさんが焼いたメッセージ入りのクッキーと、丁寧に焼き上げたスイートポテトをいただきました!

 


次のチェックポイントでは、イノブタフランク、さんま寿司、いももちを頂きました。
イノブタウインナーは、ポークウインナーよりもジューシーで、それでいてジビエ特有の臭みも無いのでとても美味しいです。
さんま寿司は熊野地域に行くときはいつも買います。おしサバなどにある臭みがなく、さんまもアブラの乗った美味しい時期でとてもジューシー。
いももちはサツマイモを生地に練りこんでほのかに甘く、アンもほのかに甘いので、食べ飽きない和菓子です。

さぁここからは内陸に入り、のぼります。
必死に登っていたので写真は撮っておりません・・・。動画では10秒~12秒の間だけで、全面カットですが、本当は5キロ20分はのぼっていますよ?


のぼりきると第3チェックポイント。あとはゴールまで下りしかない という情報をいただきますが、自転車乗りの もう坂はない! とか あと少し! は嘘だと知っているので信用しません!

 


その後、棚田の見える山村を越え、少しのぼると、渓流を横目に本格的なくだり区間に入ります。(動画13秒~1分半の間)
この区間がめちゃくちゃキレイなんです。澄んだ渓流、この渓流区間の砂や砂利は、とてもとても真っ白な所があって、底まで明るく透明に見えます。
エメラルドグリーンに水が光る場所や、大きな岩盤から水が流れ落ちる場所もあります。森林は人工林から雑木林と顔を何度も変え、こけむした石垣などのコントラストで飽きさせる事はありません。

しかし、私には少しむずがゆい区間でした。。何故なら道が細く、下り区間で後走者もいるのでふいに止まることができません!
夏場なら、いや冬場でも川まで降りて入りたい。なんなら顔面からつっこみたい。気になる景色、場所がいっぱいですが、写真がとれません!
悔しいので、自分はこの区画をのぼりで再訪決定です!


渓流に気になる石垣があるので後走者に気をつけつつ止まってみました。写真では少しわかりづらいですが、こけむしてて良い感じです。


ここも気になる、こけむした橋。どうやら自分は苔が好きなようです。今日の為にコース路面のほうの苔はキレイにとってありました。本当にありがとうございます。

 

 

 

くだりきった場所に、次のエイド。

ひえた体に美味しいトン汁ならぬ、イノブタ汁。このイノブタのダシは恐ろしいです。
トン汁にはもう戻れなくなるので皆さんは飲まないように!ハチミツ漬け梅干、これも恐ろしい。ちなみに、この時食べたハチミツ梅干は市販品ではなく自家製のものらしいです。

 

第3エイドを超えると、渓流から清流へと変わってきました。時折鮎漁をされてる漁師の方もいますね。
ちょうど今は鮎漁も終わりの頃で、食べ収めの頃でしょうか。

 

この道のりをフルサスMTBで走っているサポートライダーさん。つ、強い・・・!

 

第4エイドでは鮎の塩焼き!天然鮎は人口鮎特有のわざとらしい脂身がなく、身はほんわりほろりしてて、とても美味しいのです。

 

清流を過ぎ、また海岸線に戻ってきました。奇岩を眺めながらのライド。
内陸も海岸線も、ここまでほぼ車とすれ違っていません。ほんとにほんとにすれ違いません。
無料高速区間と重なっているからなのですが、どれくらいすれ違わないかは走ってみると驚きますよ?

 

 

少し陽がたそがれを帯びてきました。それもまた良いです。今日一緒のグループで走っていた和歌山のライダーさんがピースサインをくれたのでパシャリ。次は関西クロスで会いましょう!

 

後半になると、(1分間隔)スタートにて分けられていたチーム分けも散りじりになり、混合チーム状態になってきました。
1つ後方のグループのサポートライダーをしていた師匠とも合流。
第5エイドにて、師匠のバイクとパシャリ。ここでアイスが出るかもとの裏情報を聞いていたんですが、変更になったようで暖かいコーヒー!冷えた体に染み渡ります!(写真がありませんが…。)

 

ちなみに今日はキナンレプリカジャージを着て走らせて貰っていました。へっぽこライダーが着てもしっくりこないですね・・・。

 

スタートゴール地点に帰ってきました。
最初にゴールされた方から2時間半以上遅いゴール!


散策していると、水槽があります。触ってもよいそうです。でかい!形も良し!立派な伊勢えびです。触覚に触りたい・・・。
すさみ町内にある、イカとカニの水族館からの出張展示のようです。(ちなみに水族館では100円でウミガメに餌やりが出来、オススメですよ。)
なにやら、この後に催される抽選会で当たるようです。まだ生きてますが。
それにしてもこの伊勢えび、水槽の隅に寄ってなにやら哀愁を漂わせています。今朝まで海の中に居たのに突然捕らえられ、動揺しているのでしょうか。
ということで師匠に聞いてみました。

この伊勢えび、すさみの海に返したら駄目ですかね?(もしかしたら恩返しがあるかも?)
むだですわー。すさみの漁師にかかれば明日の昼には陸の上にあげられてますわー。

なるほど!ならばしょうがないですね!当選して我々で美味しくいただいちゃいましょう!

しかし、昨日のくじ運が今日は無く・・・、残念!当選しませんでした・・・。周りの皆さんも本気で狙っていたようで、抽選会終了と同時にため息が聞こえます。

伊勢えびの他にも、温州みかん10キロ等々、30人以上の人が当選するという大盤振る舞い!凄い・・・。

当選しそこねて伊勢えびを食べ損ねた私ですが、なにやら伊勢えび出汁の味噌汁が無料でスタートゴール地点で振舞われていたようで、知らずにこちらも食べ損なってしまいました・・・。
聞くところによると、イノブタ汁、鮎、イノブタフランクを超える今日一番の美味しさだったという声も多かったとかで?

出店でイノブタ串やイノブタバーガー、イノブタまんなどの販売もありました。
後方チームだった私は、一部の出店を完売で食べ損ねましたが・・・。
ですが、後方チームはエイドではゆっくり何度も並んで食べられましたし、そこは前走者のウマみ分けということで許しましょう!

ちなみに駐車場は少々、坂になっております。ライドで使った足へのデザートですよね。
ゴール地点で食べたならちゃんとカロリーを消費させるというすさみ町の優しさです!
みかん10キロとか当たっちゃった運の良い人達はこの駐車場までの道のり、とても遠かったことでしょうが(笑

殆ど関係ない食レポと観光レポになってるような気がしますが、これにてRIDE ON SUSAMIのレポートは終了です!

 

 

藤川さん!!ありがとうございました!!

食レポ~楽しかったです!!!

 

 

その他

投稿レポートはコチラからごらんいただけます!

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

  

   

  

 


コメントは受け付けていません。