キナンサイクリングチーム・トレーニングキャンプレポート

2018 年シーズン第 2 次トレーニングキャンプがスタート
来るメジャーレースに向けた最終の追い込みへ
26 February 2018
国際自転車競技連合(UCI)コンチネンタルチーム、KINAN Cycling Team は 2 月 26 日、和歌山県新宮市にて 2018 年シーズン第 2 次トレーニングキャンプを開始。8 日間の 日程で、今後に控えるメジャーレースを見据えた準備に取り組む。

2018 年シーズン第 2 次トレーニングキャンプをスタートさせた 11 選手

 
2017 年シーズンに国内外で 11 勝を挙げたチームは今年、さらなる勝利数の積み重ねと UCI アジアツアーランキングでの上位進出を目指してレース活動を進めていく。今シーズ ンのトレーニングキャンプの地は、メインスポンサーである「株式会社キナン」が本社を 構える和歌山県新宮市。
同じく新宮市で 2 月上旬に行った第 1 次トレーニングキャンプは日本人選手のみでの実 施だったが、今回は所属する11選手全員を招集。1月のシャールジャ・ツアー(UAE、UCI アジアツアー 2.1)個人総合 2 位のトマ・ルバや、2 月上旬に行われたロードアジア選手 権でチームタイムトライアル、アンダー 23 ロードレースの 2 冠を達成した山本大喜らが 元気な姿を見せている。また、レース活動が本格するにつれ、選手全員がそろう場が減る ことも見込まれるだけに、選手同士のコミュニケーションの場としても重要となる。
キャンプ初日の 26 日は、午前に三重県・熊野市役所を表敬訪問。加藤康則ゼネラルマ ネージャーの紹介のもと、選手たちが一人ひとりあいさつ。

三重県・熊野市役所を表敬訪問

 

チームのホームレースであり、 シーズン最大目標となる「ツール・ド・熊野」(5 月 31 日~ 6 月 3 日、UCI アジアツアー 2.2)のステージが熊野市内で設けられるほか、毎年 2 月に行われるサイクルイベント「サイクルデイ in 熊野」にゲスト参加している縁もあり、日頃の支援への感謝を伝えるとと もに、今後の活躍を約束した。

河上敢二・熊野市長(前列右から 3 人目)を囲んで記念撮影

 

 

 

午後からは、ツール・ド・熊野第 2 ステージに組み込まれる山岳コース「丸山千枚田」 「札立峠」の試走を兼ねた約 4 時間半のトレーニングライド。レースを意識した動きをする選手から、時差調整に努める外国人選手まで、それぞれの判断のもと強度を調整した。

トレーニングライドを行うマルコス・ガルシアと山本大喜

 

 

札立峠を走る選手たち

 

 

 

 

集中した様子でトレーニングを行う選手たち。先頭を走るのは新城雄大

 

 

 
そのほか、キャンプインに先立つ 2 月 25 日には株式会社キナンの社員決起大会に出席。

株式会社キナン・社員決起大会のステージに上がった選手・スタッフ

 

 

昨シーズンの活動報告や今シーズンの目標発表など、全社員の前でチームを披露する機会 に恵まれた。さらに、キャンプ期間中は表敬訪問やメディア対応なども予定され、これらの活動をトレーニングやレースへのモチベーションとしていく。そして、3 月 5 日にキャンプを打ち上げる。

text&photo:Syunsuke FUKUMITSU

 

 

「キナンサイクリングチーム」のメインスポーンサー、

株式会社キナンでは

ただいま社員募集中!!!

ぜひぜひご興味ある方はチェックしてください!!


株式会社キナン社員募集詳細はコチラから

 

 

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

  

   

  


コメントは受け付けていません。