教えて!!椿選手~ッ!AACA 1-1でどう走る???

4月21日(土)AACAの取材に行ってきました。

 

AACAでの走り方、について

キナンサイクリングチームの椿大志選手

じっくりお聞きしたので紹介します。

 

 

椿選手にご指導を仰ぐことになった理由・・・・。

 

実はこの日、

サイクルジャム応援団のお1人が

初めて1-1に出場されました。

レース後、「どうだった!?!?」と興味津々でお声をかけると

予想していたのとは全く違う感想が返ってきました。

それは・・・・

1-2とは全く違って、

逃げが決まってからは

レースに参加しているというよりむしろ

サイクリングをしていたようだったんです・・・・。

 

スピードもそんなに出ているわけではなく、

脚は余っているから

前に出たいんだけど、出れなくて・・・・。

プロの選手達と一緒に走れたのは

すごく嬉しかったんですが、

最後までどう走ればいいのか、わからず

結果、不完全燃焼で終わっちゃいました。

1-1って、毎回こうなんですかね?

次も同じコトを繰り返したくないし、

どうやって走ればいいのか教えてほしいです・・・・と。

 

 

あらあら・・・。

いつもレース後は、

負けても勝っても

僕なりにがんばった!!!っと言っていたその方。

意外にもパッとしない感が否めなくて、

なんとかせねば!!!

と、立ち上がることにいたしました。

 

もちろん、サイクルジャムでは何の助言も出来ません・・・・。

 

 

周りを見渡すと~。

いました!いました!!!いました~!!!!!

キナンサイクリングチーム、椿大志選手です!!

「教えて~!!!!」と、駆け寄り、

唐突に質問をぶつけたのであります。

 

 

以下が椿選手からのアドバイスです!

 

 

1-1の場合は

いかに足を貯めるかを考えています。

 

レースに勝つためには

まずは目標をしっかり持つこと

なぜ、そのレースに出ているかをしっかり考えるコトです。

 

どうやったら優勝争いできるようになるかなって

考えることが大切なんです。

 

 

確かに、逃げに乗るのは大事なんだけど

逃げに乗ることだけが全てじゃないんです。

なぜ、みんなが逃げたがっているのかなって考える。

 

 

例えば今日の場合、

キナンやマトリックスなどのチームが動いていましたよね。

その動きを観察して

集団全体がどういう方向に向かって走っているのかを考えて

自分がどうやったら勝てるかを考えなくちゃいけない。

 

 

逃げに乗ることだけに集中していてもダメなんです。

どのアタックの逃げが決まるかなんて

それはボクらだってわからない。

だからあんな延々1時間もやってるんですよ(笑)

ホントはみんなやりたくないんです(笑)

 

 

集団の逃げが決まる時っていうのは

大人数のチームが

あの逃げなら、決まっても大丈夫って時なんです。

うちのチームが逃げに乗っているから大丈夫だな・・・ってね。

 

キナンとしては

マトリックスがいない逃げを逃げにしたいし

マトリックスとしてはそんなの行かせないよ!ってなる。

そういう大きな展開の流れをまず見ることです。

仮に逃げが出来たとして

その逃げが必ず優勝争いをするかというと

それも冷静になって考えないといけない。

今日の場合、3人が逃げてたけど

普通なら3人なら逃げ切れることはないって想像つきますよね。

 

だから、その次に起こる展開を考えないといけないんです。

追走をつくる動きができるのか

それともなんとなく集団に捕まりそうだなとか

そこをちゃんとみれるかどうか・・・。

 

 

ちゃんと見れるようになるには、経験値ですか???

 

まぁそれは・・・慣れですね。

 

そこで焦って、

行かなきゃ行かなきゃ行かなきゃ~ってなるのは一番ダメ。

それは逃げに乗ろうとしているだけであって

結果的に自分が勝とうとはしていない。

絶対、どうなるって誰にもわかんないし、

次のこと次のことを常に考えて動くことが大事。

 

 

単独でも?

単独でもです!

 

そもそも集団の後ろで走っていることがだめってことですか?

そうです。それは罰金刑ですね(笑)

別に自らアタックしなくていいんですよ。

反応しないとだめだなって時に、反応すればいい。

そこで、自分で行こう行こうとしたらダメなんです。

単騎の場合は。

なるほど、単騎は、なんですね。

 

 

結局、強いチームが何チームもいるわけなんで

それに1人でバーンって出て行ってたとしても

どこ飛んでくんだよ!って周りから思われて泳がされて

何にもしないで・・・終わっちゃう。

誰かを見るっていうよりも

こういうコースの場合は展開に上手く立ち回れるようにすることです。

 

上手く立ち回るためには?

上手く立ち回るためには・・・・、

毎月のAACAに出る!ってことですね(笑)

 

 

 

ではでは、

もしも今日、椿さんが1人で参加していて

決まった逃げにも、追走にも乗れず、

集団の中で足がまだ十分に残っていたらどう動いていましたか?

 

もし、1人で行けるんだったら1人でブリッジをかけるし

1人で厳しそうだったら

集団のペースを速いペースでなんとなくローテションさせるようにします。

今日の展開に関していえば

最後の追走集団に乗れなかった時点で、レースは終了。

その段階で集団にいたら終わったな~っていって後ろで走ってるでしょうね。

もしくは練習を始めるか。

練習???

先頭でいきなりガーってもがく。

どうしようもないなって思ったら

そのまま集団にいてタラタラ走るよりは

練習~って切り替えたりもします。

 

とにかく、

逃げに乗る!のが目標ではなく

逃げに乗ってからのコトを考えるってことです。

 

逃げなんて、

半周逃げたらそれも逃げになるわけなんで・・・・ね!

 

 

自分が何のために足に乳酸を貯めて

苦しんでいるのかをちゃんと考えていないと

こういう展開系のコースでは

僕らみたいなこざかしいやつらに使われて終わっちゃいます。

 

 

ところで、

集団のペースを抑えるのは簡単なんですか?

それは、わざとふさいでるわけではなくて、

前で展開を見ていて

逃げいったな~べつにもう動かなくていいや~って

行く必要がないから動かないだけです。

だからこそ、ちゃんと前にいないとダメなんです!

レースは後ろじゃなくて、前で起きてるんだ~(笑)!!!

詰まってるなってならないように、

前にいなきゃいけない。

僕らも後ろにいると怒られちゃうんですよ(笑) 

 

 

 

 

時折、サイクルジャムの質問に????となりながらも、

最後まで、スッゴク真剣に説明してくれた椿選手。

 

何をしたいのかをちゃんと確立した上で、

何に躓いているのかを伝えることで

真剣に答えてくれるんですッ。

ま、サイクルジャムの伝え方に問題があって、

何度も何度も聞き返されたりしましたけどね・・・(汗)

 

 

 

それでは、1-1での走り方のまとめです。

 

1)目標をしっかり持つコト

2)なぜ、そのレースに出ているかをしっかり考えるコト

3) 次のこと次のことを常に考えて動くコト

4)毎月のAACAに出て、経験を重ねるコト

 

 

みなさん、理解できましたか!?!?

プロの選手達と共に走り、

プロの選手の走りを盗みながら、

自分を高めていくことができるAACA1-1。

ぜひ、椿選手のアドバイスを参考に走ってみてください!!

 

 

 

レース会場で、余裕のある時間なら

キナンの選手は色々教えてくれるはずです。

AACAで開かれる「スキルアップ講座」に参加すれば

色んな技術もレクチャーしてもらえます。

ぜひぜひ、選手に直接質問してみてくださいね!

 

 

こんなことが教えほしい!!ということがあれば、

サイクルジャムが可能な限り代理でお聞きしますので

レース会場で、お声かけてくださいね♪♪

 

 

皆さんのお役に立てるのは嬉しいです♪♪♪

 

 

レースレポートは随時公開していきます。

お楽しみに~です!

 

 

 

「キナンサイクリングチーム」の

メインスポーンサー、株式会社キナンでは

ただいま社員募集中!!!

ぜひぜひご興味ある方はチェックしてください!!


 

株式会社キナン社員募集詳細はコチラから

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

 

  

   

  


コメントは受け付けていません。