スリランカ Tカップ(UCIアジアツアー2.2)前日レポート
キナンサイクリングチームレポート

KINAN Cycling Teamがスリランカ入り
この先に控えるビッグレースに向けた布石づくりの3ステージに

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 

 

KINAN Cycling Team出場選手
中西健児(Kenji NAKANISHI)
雨乞竜己(Tatsuki AMAGOI)
トマ・ルバ(Thomas LEBAS)
中島康晴(Yasuharu NAKAJIMA)
新城雄大(Yudai ARASHIRO)

 

 

 

UCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチーム、KINAN Cycling Teamは5月4日から始まるスリランカ Tカップ(SRI LANKA T-CUP)に出場する。2日前にスリランカ入りし、開幕前日の3日には開幕地のバサイクーダに到着。南アジア・スリランカでのレースはチームにとって初めてとなるが、準備を着々と進めている。

スリランカ Tカップは昨年初開催され、今年からUCI公認の国際レースに昇格。全3ステージ、総距離327.7kmで争われる。

なかでも注目されるのが、この大会唯一の山岳ステージに設定された第2ステージ。海抜約90mから最も高度のあるポイントで889.3mまで上るルートとなっているものの、最高標高地点からフィニッシュ地点までは約37km。レース距離が85.3kmと短いこともあり、山岳ステージとはいえスピードに富んだ勝負になることが予想され、総合争いにも関係するクイーンステージと目されている。その他2ステージは平坦で、こちらも120km前後のレース距離となっている。

KINAN Cycling Teamは、スピード域の高いレースに対応すべく、中西健児、雨乞竜己、トマ・ルバ、中島康晴、新城雄大の5選手をセレクト。スプリントは雨乞を軸に、リードアウトに中西と新城、発射台に中島。また、山岳ではトマで勝負ができるよう、登坂力のある中西や集団コントロールに長ける新城と中島がレースを作る役割を担う。

この先、チームにとってシーズン最大目標とするツアー・オブ・ジャパンやツール・ド・熊野が控えており、スリランカでの3日間は、選手の調整状況の把握や本番に臨む選手の選考にも大きくかかわってくるものとなる。

なお、今大会は10カ国から14チーム、64選手が出走。日本からはKINAN Cycling Teamのほか、チームUKYOが参戦。4日の第1ステージは、現地時間午前9時10分(午後0時40分)にスタート。3日間の戦いの火蓋が切られる。

 

 

スリランカ Tカップ(UCIアジアツアー2.2)
5月4日 第1ステージ バサイクーダ(Passikudah)〜マヒヤンガーナヤ(Mahiyanganaya) 123.9km
5月5日 第2ステージ マヒヤンガーナヤ〜キャンディ(Kandy) 85.3km
5月6日 第3ステージ キャンディ〜ニゴンボ(Negombo)

 

スリランカ Tカップ オフィシャルウェブサイト
http://tcup.lsrtravel.com/

 

 

 

キナンサイクリングチームの石田監督

レースの裏側を紹介してくれる

石田監督奮闘記はコチラから~です!

 

 

 

「キナンサイクリングチーム」のメインスポーンサー、

株式会社キナンでは

ただいま社員募集中!!!

ぜひぜひご興味ある方はチェックしてください!!


株式会社キナン社員募集詳細はコチラから

 

 

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

  

   

  


コメントは受け付けていません。