JBCF 石川サイクルロードレース
キナンサイクリングチームレポート

JBCF 石川サイクルロードレースに6選手が出場
厳しい暑さの中でのサバイバルレースは新城の17位が最高位

©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

 

 

●JBCF 石川サイクルロードレース(Jプロツアー第13戦)

福島県石川町 102.2km

 

●KINAN Cycling Team出場選手
山本元喜
中西健児
山本大喜
雨乞竜己
中島康晴
新城雄大

 

Jプロツアー第13戦は、福島県の石川町で開催される石川サイクルロードレース。1周13.6kmのコースは厳しいアップダウンがあることで知られているが、7月中旬という1年で一番暑い時季の開催と相まって毎年ハードなレースになる。今年も朝から晴れて30℃を超える暑さの中でのレースとなった。

石川町内の学法石川高校前をスタート。周回コースまでパレードしたのちリアルスタートが切られると、アタック合戦が始まる。このレースから日本チャンピオンジャージを着て出走する山本元喜と、U23アジアチャンピオンの山本大喜、雨乞竜己がこれに参戦する。

2周目、7人の逃げ集団が形成される。メンバーは、ホセビセンテ・トリビオ選手(マトリックスパワータグ)、木村圭佑選手・中田拓也選手(シマノレーシング)、柴田雅之選手(那須ブラーゼン)、堀孝明選手(チームブリヂストンサイクリング )、そしてKINAN勢から雨乞と山本大。

メイン集団との差は最大で1分30秒まで開くが、逃げ集団にメンバーを送り込まなかった宇都宮ブリッツェンがコントロールして1分前後に維持されてレースは進行する。

©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

 

 

©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

 

 

©︎KINAN Cycling Team / Satoru KATO

 

 

4周目、メイン集団にいた山本元が遅れ、リタイアを選択。前後して逃げ集団の山本大、5周目には雨乞も遅れ、ともにその後リタイアする。

人数が減った逃げ集団は、6周目までにメイン集団が吸収。最終周回の7周目に入ると宇都宮ブリッツェンの鈴木龍選手・雨澤毅明選手・岡篤志選手、シマノレーシングの入部正太朗選手の4人が先行し、最後は鈴木選手がスプリント勝負を制して優勝。

KINAN Cycling Teamは、新城雄大の1分34秒遅れの17位が最高位だった。

(Report, Photos: 加藤智、Edit: 福光俊介)

 

 

 

JBCF 石川サイクルロードレース結果

1 鈴木龍(宇都宮ブリッツェン) 2時間42分34秒
2 入部正太朗(シマノレーシング) +0秒
3 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン) +6秒
4 岡篤志(宇都宮ブリッツェン) +28秒
5 才田直人(LEOMO Bellmare Racing Team) +59秒
6 窪木一茂(チーム ブリヂストンサイクリング) +1分1秒
17 新城雄大(KINAN Cycling Team) +1分34秒
21 中島康晴(KINAN Cycling Team) +3分5秒
67 中西健児(KINAN Cycling Team) +11分13秒
DNF 山本元喜(KINAN Cycling Team)
DNF 雨乞竜己(KINAN Cycling Team)

 

 

 

 

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

  

   

  

 

 

 


コメントは受け付けていません。