8月19日開催「シマノ鈴鹿ロードレース クラシック」KINAN Cycling Team出場情報♪

KINAN Cycling Team 2018年シーズン第2ピリオド「本格始動」
晩夏のロードレース祭典“シマノ鈴鹿”で脚試し

 

シマノ鈴鹿ロードレース クラシック 出場選手

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 

写真左から

山本元喜   椿大志    塚本一樹   中西健児 
雨乞竜己   トマ・ルバ  中島康晴   新城雄大

 

今年で35回目を迎えるロードレースの祭典“シマノ鈴鹿”は、晩夏のサイクルイベントとして完全に定着。サイクリストのスキルや好みに合わせたさまざまなレースカテゴリーのほか、多数の企業ブース出展、さらには老若男女問わず参加が可能なウィーラースクール(自転車安全教室)と、会場である鈴鹿サーキット内の各所が大盛り上がりとなります。

なかでも、レースイベントの大トリを飾る「シマノ鈴鹿ロードレース クラシック」は、国内のトップチームが集い、タイトルをかけた熱戦が展開されます。KINAN Cycling Teamは4年連続の出場。今年は初優勝を狙っての参戦となります。

鈴鹿サーキット1周5.807kmをフルに使って行われるレースは、全10周回・58kmで争われます。レースにおける安全対策のため、進行方向はモータースポーツ開催時とは逆の反時計回り。全行程アップダウンが繰り返され、スピード感に富む下り基調のヘアピンカーブやS字カーブは、このレースの醍醐味とも言えます。そして、最終コーナーからフィニッシュにかけての約400mは、数々の名場面が生まれたポイント。スプリンター、逃げを狙う選手、登坂力に長けた選手など、あらゆる選手にチャンスがめぐってくるレースでもあります。

また、今年から日本自転車競技連盟(JCF)公認・大阪府自転車競技連盟主管大会となり、2019年6月開催予定の「第86回全日本自転車競技選手権大会ロード・レース」の申込資格取得大会に認定。30位までに入ると、同大会への出場資格が得られることとなります。

今大会をシーズン第2ピリオド(後半戦)の導入に位置付け、この先に控えるビッグレースに向けた足がかりとなる一戦としていきます。

そのほか、この日は午前と午後にそれぞれ行われるウィーラースクールにもKINAN Cycling Teamメンバーが講師として参加を予定。レース参戦にとどまらず、多くのサイクリストと交流を深めていきたいと考えています。

 

レーススケジュール

8月19日 58.07km(5.807km×10周) 午後3時00分スタート
会場:鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)

 

大会公式ウェブサイト
http://www.shimano-event.jp/18suzuka/index.html

 

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

  

   

  


コメントは受け付けていません。