石田監督奮闘記「ツール・ド・バニュワンギ・イジェン」~その4~

9月26〜29日、インドネシアでの

インターナショナル・ツール・ド・バニュワンギ・イジェン2018

出場していたキナンサイクリングチーム。

 

現地で奮闘している石田監督から、

まさしく奮闘記が続々と届いております。

 

 

 

今回の第1便の写真が届いたのは29日0時30分

(現地時間28日22時30分)

29日の朝起きて、お写真を拝見し、

午前中をボーっと過ごしていたサイクルジャム。

お昼過ぎにインドネシアで地震があったことを知りました。

凄い地震があったんだぁ・・・・

え!え!!え!!!インドネシア!!!

思わず叫んでおりました。

急いでパソコンを立ち上げ、

地震発生場所とレース開催場所を確認。

とりあえず、大丈夫そうだ・・・とわかり、

さらに監督のフェースブックで、

レースが予定通り開催されることを知り、

ようやくドキドキがおさまっていきました。

とりあえず、レース前を承知で、

大丈夫でしたか?とお聞きすると

大丈夫ですよと返信が。

良かった・・・。

 

とはいえ、6mもの津波が押し寄せ、

たくさんの方が被害にあわれました。

お悔やみ申し上げます。

 

 

 

それでは、石田監督の奮闘振りを紹介します!!!

レースの裏側、大紹介~!!

ツール・ド・バニュワンギ・イジェン」~その4~です!

 

 

 

スタート地点と思われる写真~

 

 

 

インドネシアは日差しが強いからか、

子供たちにシートを被せるようです

 

おこちゃまのアップ!!

 

 

 

そして、先ほど、29日、日本時間の21時30分

再び監督から届きました♪

ニオイが、ニオイが…。 ダメで食べれませんでした。

主催者の皆さまみんなが美味しそうに食べていました。

部屋中が…臭い。

これはホテルには持ち込めない。

 

 

ホテルに持ち込めない!?!?!

記憶をたぐり寄せ

これが噂の・・・ ドリアン?マンゴスチン??

と訊ねると

 

ドリアンです

と。

 

ドリアン!

そうです!ドリアンです!!

今年の4月にも石田監督奮闘記で

にぎやかしていたあのドリアン!!

4月のツアー・オブ・タイランド(UCIアジアツアー2.1)の際に

監督から届いていたホテル内のポスターにも

はっきり、「NOドリアン」「NOマンゴスチン」と記されています。

ニオイや、果汁が強烈なためホテルに持ち込み禁止とされている

果物たち~。

 

そのドリアンが監督の目の前に並べられたというのです!!

それなのに

ニオイがきつくて食べれなかった・・・・と。

そんなことってありますか!?!?!

チャレンジ精神、

レポート精神はないんでしょうか!?!?

 

ま、そんなことを言えるはずもなく

奥歯にものを挟みながら

 

なっとうが更に腐ったような匂いですか?

と、訊ねました。

 

もっといいニオイです、食べ物なんで。

 

え!!どういうこと!?!?

ということで

なら、食べてください!

と、強気で返信。

 

すると

フルーツが腐ったニオイ・・・のちょっと手前くらい。

臭い中にも魅惑の香りが潜んでます。

 離れると嗅ぎたくなるし、近いと離れたくなる。

 

絶妙な表現ではありましたが、

我慢してたべればいいのに~と思いながら

そりゃあ~魅惑の香り~に、間違いなしですね(。-∀-)

とお答えしておきました(笑)

 

 

食べなかったことへの

後ろめたさを感じたのか??

しばらくしすると

「その他の写真です」と写真が届きました。

 

 

 

 

 

 

 

とにかく、今回も石田監督は奮闘してくれました。

お忙しいにも関わらず~

たくさんの写真も届けてくれました!

 

感謝感謝です!!!

 

 

キナンサイクリングチームの石田監督

レースの裏側を紹介してくれる

石田監督奮闘記はコチラから~です!

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

  

   

  


コメントは受け付けていません。