KINAN Cycling Team 退団選手のお知らせ

2018年のシーズンをもって

キナンサイクリングチームを退団する選手が発表されました。

退団する選手は

・ジャイ・クロフォード

・中西健児

2名の選手。

©︎KINAN Cycling Team

ジャイは2015年のKINAN Cycling Team発足時のメンバーであり、チームで唯一創設以来4シーズンを送った選手でした。また、2017年シーズンまではチームキャプテンを務め、選手のまとめ役としても大きく貢献。

 中西は、同志社大学在学中の2016年にトレーニー(研修生)としてチームに加入。その後に出場したジェラジャ・マレーシアでの走りが評価され、2017年シーズンから正式契約を結びました。以来2シーズンにわたり、国内外の主要レースでチームの好成績を呼び込む堅実な走りを見せてきました。

 

~☆~~~~☆~

ジャイ・クロフォード/Jai CRAWFORD

©︎KINAN Cycling Team

Climber|1983.8.4|172cm, 59kg

●主な戦歴

2016年 インターナショナル・ツアー・オブ・バニュワンギ・イジェン 個人総合優勝

2016年 ツール・ド・おきなわ 2位

2017年 ツール・ド・フィリピン 個人総合優勝

2017年 ツール・ド・とちぎ 個人総合2位

 

2017年 ツール・ド・モルッカ 個人総合2位

 

 

●退団のご挨拶

 4年間応援をしてくださった日本のファンのみなさまに心から感謝を伝えたいと思います。日本はサイクリングを行ううえでとても美しい国でした。そして、これまで見てきた国々とはひと味違った安心感があります。

 

 2018年シーズンは自身のレース機会が少なかったことは残念でした。6月にツール・ド・コリアに出場しましたが、それが17年間の競技人生の最終レースとなります。これまでに多くの情熱と犠牲を払ってきたキャリアを終えるうえで、決して望んでいた形とはいえませんが、サイクリストとして歩んできた期間はとても誇りに思っています。私にとっての冒険によって結ばれた絆と友人に心から感謝しています。

 

 職業としてのサイクリングは、人生そのものでした。それは純粋に、自らの可能性を追求するものでした。その過程で私は自らの価値を見出してきました。自らを律し続けた日々は、結果として喜びと次なる目的を与えてくれました。サイクリングはまさに、自らを奮い立たせる欲求を満たしてくれるものでした。そのプロセスが、経験と理解、そして寛容さを自らに与えてくれたと思っています。

 

 私は今、日本に感謝し、サイクリングへも感謝しています。そして、多くの人々のこれからの成功を願っています。

 

 

中西健児/Kenji NAKANISHIなかにしけんじ

 ©︎KINAN Cycling Team

All-rounder|1995.2.3|173cm, 60kg

https://ameblo.jp/k-nakanishi1995/

●主な戦歴

2017年 ツール・ド・フローレス第3ステージ 9位

2018年 JBCF 西日本ロードクラシック広島大会 5位

●退団のご挨拶

 ときに楽しく、ときに苦しい選手生活を支えてくださったすべての方に万謝します。いささか短い期間でしたが、満点の星空のように素晴らしい時間でした。

 

 これからも引き続きKINAN Cycling Teamに温かい声援をよろしくお願いいたします。

 

 

中西選手は12月16日(日)に

愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で行われる

「ヴェロフェスタinモリコロパーク」にて、

退団の挨拶をされる予定。

また、その間も各種イベントなど、従来通りチーム活動に参加されます。

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

  

   

  

 


コメントは受け付けていません。