KINAN Cycling Team ツール・ド・イスカンダル・ジョホール(UCIアジアツアー2.2) 開幕前日&第1ステージ レポート

◆前日レポート

ハイスピードバトル必至のツール・ド・イスカンダル・ジョホール
日本人5選手の編成で上位進出を図る

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 

UCI(国際自転車競技連合)コンチネンタルチームのKINAN Cycling Teamは、4月17日から19日まで開催される同アジアツアー2.2クラス「ツアー・オブ・イスカンダル・ジョホール」に出場する。マレー半島南部を舞台とした全3ステージは、いずれも平坦基調でハイスピードバトルが予想されている。

3月以降、アジア各国を転戦し、順調に状態を高めているチームは、次なる戦いとしてマレーシアへと乗り込んでいる。大会はマレー半島最南端で、隣国シンガポールとの国境の街であるジョホールバルをベースに周辺都市をめぐる。

大会初日、第1ステージはジョホールバル郊外のイスカンダル・プテリからバトゥー・パハトまでの122.9km。西海岸のマラッカ海峡沿いを北上するルートは、フィニッシュ前約12kmでこの日唯一の山岳ポイントが登場。レース終盤にアクセントが加えられる。

続く第2ステージは、ムアルからヨン・ペンまでの172.4km。内陸部をゆく1日は、前半の山岳ポイントを経てからは、おおむね平坦。そして、勝負が決する最終の第3ステージは、クルアンから大会の基幹都市であるジョホールバルへと戻る107.7km。レース序盤のカテゴリー山岳を経てからも、細かなワインディングが続くルートを進んで、クライマックスを迎えることになる。

3ステージの総走行距離は403.0km。全体を通して平坦基調で、フィニッシュや中間スプリントポイントで付与されるボーナスタイムが勝敗を分けることが大いに考えられる。もちろん、スプリントだけでなく、逃げや要所でのアタックがレースを動かすことも想定され、平地系ライダーを中心にスピード感に富んだ戦いとなることは必至。

そんなレースに臨むKINAN Cycling Teamは今回、日本人ライダー5選手を招集。前戦のツアー・オブ・タイランドでは要所での働きが光った山本元喜と新城雄大、スプリントになれば主軸となる大久保陣と中島康晴、そしてスピードを強化している山本大喜と、今回のスピード系レースに合ったメンバーで挑む。

チームは開幕前日の4月16日、ジョホールバルで約2時間のトレーニングライドを行い、夜にはチームプレゼンテーションに出席。地元マレーシアのチームからはライバルチームとして名が挙がるなど、KINAN Cycling Teamの戦いぶりは現地でも注目が集まっている。

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 

 

 

 

◆第1ステージレポート

ツール・ド・イスカンダル・ジョホール開幕
中島康晴がトラブル乗り越え個人総合4位の出足

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 

●ツール・ド・イスカンダル・ジョホール(UCIアジアツアー2.2)

第1ステージ イスカンダル・プテリ〜バトゥー・パハト 122.9km

 

●KINAN Cycling Team出場選手

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

(写真左から)

山本元喜  新城雄大  新城雄大 大久保陣  山本大喜    

 

UCI(国際自転車競技連合)アジアツアー2.2クラス「ツール・ド・イスカンダル・ジョホール」が4月17日に幕を開けた。全3ステージ・総走行距離403.0kmの戦いに、KINAN Cycling Team5選手が参戦。大会初日は122.9kmによる第1ステージが行われ、レース前半に形成された逃げグループに中島康晴が合流。途中でパンクトラブルに見舞われたものの、中間スプリントポイントの1位通過が利き、まずは個人総合4位として初日を終えている。

自転車熱の高いマレーシアは、マレー半島南部のジョホール州を舞台に行われる今大会。19日までの3日間は、いずれも平坦基調のコースが設定され、ハイスピードのレース展開が予想されている。KINAN Cycling Teamは今回、中島のほか、山本元喜、大久保陣、山本大喜、新城雄大の5選手を招集。日本人ライダーのみの編成で上位進出を図る。

この日行われた第1ステージは、大会の基幹都市であるジョホールバル郊外のイスカンダル・プテリから、バトゥー・パハトまでの122.9km。西海岸のマラッカ海峡沿いを北上し、この日唯一の山岳ポイントがフィニッシュ前約12kmに待ち受ける。レース最終盤でペースが上がる局面で、アクセントが加えられる。

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

12の国と地域から22チーム・108人が一斉に出発。レースはリアルスタート直後から逃げ狙いのアタックの応酬。KINAN勢も有力チームの動きをチェックしながら、前線へのポジショニングを図る。一時的に数人がリードする場面もあったが、各チームの思惑が交錯し、出入りの連続。

均衡が破られたのは、スタートから40kmを迎えようかというタイミング。ライバルチームの動きをしっかりと押さえた中島が先頭グループへの合流に成功。はじめは8人だった先行メンバーは、力のある選手のみに絞られ、6人による逃げグループへと変化。有力チームが確実に1人ずつ先頭へ送り込んだこともあり、快調に飛ばしていく。KINAN勢はメイン集団に4人を残し、先に控える需要局面へと備えた。

48km地点でこの日最初の中間スプリントポイントへ。ここで中島がスピードを発揮し1位で通過。まず3秒のボーナスタイム獲得に結び付ける。その後は中島らの先頭とメイン集団とは1分から1分30秒ほどのタイム差で推移。逃げグループにメンバーを送り込んでいないチームがメイン集団のペースをコントロールした。

順調にレースを進めていたKINAN勢に変化が起きたのは、80km地点を迎えようかというタイミング。先頭を走っていた中島がパンクトラブルに見舞われ、後退を余儀なくされる。車輪を交換し、メイン集団で仕切り直し。そこからは山本大が集団のペーシングを担うなど、3人となった先頭グループを追うムードを高めていく。タイム差は変わらず1分程度で進んでいった。

メイン集団の追撃態勢の一方で、先頭の3人もペースを落とすことなく進んでいく。レース終盤とヤマ場と見られた、この日唯一の山岳ポイントもクリアし、フィニッシュを目指して飛ばしていく。その後ろでは、山岳ポイント通過後の細かなアップダウンでメイン集団が割れ、10人ほどが追走グループを形成。ここに中島が入り、先頭復帰を目指す。

しかし、勢いに乗った先頭3人は後続を寄せ付けず、そのままステージ優勝争いへ。中島らのグループは懸命の追走もあり、トップとの差を17秒にとどめてフィニッシュへ。中島はステージ10位とまとめて、大会初日を終えた

さらに18秒後にメイン集団がなだれ込むようにフィニッシュラインを通過。KINAN勢も残る4選手はいずれもこの中でレースを完了している。

この結果、途中で獲得したボーナスタイムを生かした中島が個人総合4位としている。実力者がそろった先頭グループでレースを進め、スピードの違いを見せる場面もあっただけに、フィニッシュ後には悔しさを募らせた。一方で、トップとの総合タイム差を30秒に食い止め、逆転に向けて射程圏内にとらえている点は明るい材料。他の4選手も含めて、残り2ステージで新たなチャンスを作り出していく構えだ。

18日に行われる第2ステージは、ムアルからヨン・ペンまでの172.4km。内陸部をゆく1日は、前半に山岳ポイントが控えるが、その後はおおむね平坦。第1ステージ同様にスピード域が高くなると見られ、KINAN Cycling Teamも逃げ、スプリント両面での可能性に賭けて戦いを続けていくことになる。

 

ツール・ド・イスカンダル・ジョホール第1ステージ(122.9km)結果

1 ライアン・ロス(カナダ、Xスピードユナイテッド) 2時間35分3秒

2 マシュー・ゼノヴィッチ(ニュージーランド、セントジョージコンチネンタル) +0秒

3 ベンジャミン・ダイボール(オーストラリア、チームサプラサイクリング)

4 イェロエン・メイヤーズ(オランダ、タイユアンミオジェサイクリングチーム) +17秒

5 エドワード・ウォルシュ(カナダ、Xスピードユナイテッド)

6 内間康平(チームUKYO)

10 中島康晴(KINAN Cycling Team) 

33 大久保陣(KINAN Cycling Team)

57 山本元喜(KINAN Cycling Team) 

60 山本大喜(KINAN Cycling Team)

73 新城雄大(KINAN Cycling Team) 

 

個人総合成績

1 ライアン・ロス(カナダ、Xスピードユナイテッド) 2時間34分47秒

2 ベンジャミン・ダイボール(オーストラリア、チームサプラサイクリング) +7秒

3 マシュー・ゼノヴィッチ(ニュージーランド、セントジョージコンチネンタル) +8秒

4 中島康晴(KINAN Cycling Team) +30秒

5 イェロエン・メイヤーズ(オランダ、タイユアンミオジェサイクリングチーム) +33秒

6 エドワード・ウォルシュ(カナダ、Xスピードユナイテッド)

33 大久保陣(KINAN Cycling Team) +51秒

57 山本元喜(KINAN Cycling Team) 

60 山本大喜(KINAN Cycling Team)

73 新城雄大(KINAN Cycling Team) 

 

ポイント賞

1 ライアン・ロス(カナダ、Xスピードユナイテッド) 25pts

5 中島康晴(KINAN Cycling Team) 6pts

 

山岳賞

1 マシュー・ゼノヴィッチ(ニュージーランド、セントジョージコンチネンタル) +4pts

 

チーム総合

1 セントジョージコンチネンタル 7時間45分43秒

7 KINAN Cycling Team +53秒

 

 

Voice from the Finish Line

 

中島康晴

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

 

「マークすべき選手・チームを見ながら、メンバー全員が序盤からしっかり動くことができていた。自分が逃げに加わったのは、集団のペースが緩んだタイミングでチェックすべき選手がアタックしたので、それを見逃さずに追ったことによるもの。先頭でも人数の絞り込みや、中間スプリントポイントでの1位通過もあって、自分向きのよい展開に持ち込むことができていた。他の選手の動きを見ていても、最後まで逃げ切ることができればスプリントで勝てる自信はあった。

パンクで遅れてしまったことは本当に悔しい。ただ、日本人選手5人でコミュニケーションを図って、レースを組み立てていくことができているので、その点は前向きにとらえている。今日はたまたま自分が逃げに乗ったが、他の4人にもチャンスは十分にあると思っている。

今回のメンバー的に、逃げもスプリントも狙っていけるチーム編成。残り2日間もステージ優勝を視野に入れながら戦い続けたい」

 

 

ツール・ド・イスカンダル・ジョホール(Tour de Iskandar Johor)

カテゴリー:UCIアジアツアー2.2

会期:4月17~19日

 

第1ステージ 4月17日

イスカンダル・プテリ〜バトゥー・パハト 112.9km

第2ステージ 4月18日

ムアル〜ヨン・ペン 172.4km

第3ステージ 4月19日

クルアン〜ジョホールバル 107.7km

全3ステージ・総距離403.0km

 

大会公式ウェブサイト

https://tourdeiskandar.org/

 

 

石田監督奮闘記 はこちらから!

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

  

   

  


コメントは受け付けていません。