JBCF群馬交流戦(6/15.16)りょう@cycleDNAさんレポート♪

JBCF群馬交流戦に中学3年生の息子さんが出場された

りょう@cycleDNAさんからステキなレポートが届きました♪♪

 

 

レースレポートの前文には

サイクルジャムへのレポート投稿の経緯をはじめ、

「S.W.U.V(スワブ)」を受けた感想・変化

とてもわかり易く紹介されています♪♪

ぜひぜひ、ご覧ください!!!

 

~☆~~☆~~☆~~☆~

初めまして。
SWUVの湯川さんに「cycleJam」をご紹介頂き

投稿させて頂いています。
湯川さんの存在を知ったのは2018年3月。

八戸工業大学第一高等学校の自転車競技部の皆さんが

毎年行っている館山合宿に、
息子の怜(当時中学1年生)が飛び入り参加させて頂いた時です。

担当コーチより「走れているけど、腰を痛めそうなフォームですね。」と、

湯川さんの事を教えて頂きました。

有難いお話でしたが、湯川さんのいる場所は名古屋。
しかも、とある会社のフィッティングに

3万円近く支払ってポジション出しをしたばかり。

また機会があったら考えてみようと話を流してしまいました。

手前味噌ですが、今までは数多く優勝することができました。

同年代では負けなしでした。

 

 

 


しかし、その後に参戦する草レースやJBCF、全国大会、

全日本選手権などでは惨敗。
月・金は2時間の基礎トレーニング。

火・水・木は選手育成コースに入りスイミング、

と、誰よりも練習をしていたと思います。

ですが、勝てない。
「これだけ努力しているのになぜだ?なぜ勝てない?」

親子で毎日悩みました。

そこでふと思い出したのがSWUV湯川さんの存在です。
電話番号は聞いていたので思い切って電話し、

悩みを相談しました。

「大丈夫、来てください。」という湯川さんの言葉を信じて

千葉県から名古屋まで夜通し車を走らせ向かいました。

フィッティングには2~3時間を要したと思います。
息子の走りがみるみる変化していくのをずっと見ていました。

 2019年4月20日「S.W.U.V」を受ける怜君

 

息子の顔つきが変わっていくのが良くわかりました。

湯川さんから
「おいしい所がまったく使えてないポジションで、良く頑張ったね。」

と言われ涙が出そうでした。

 

 

そして先日、

6/15~16に群馬サイクルスポーツセンターで行われた

「JBCF群馬交流戦6月大会」でE3に出場。

 

天気予報から「雨」の中での戦いになる、

という事はわかっていましたが、

予想以上に雨脚が強く厳しいレースとなりました。

 

1日目は約6Kmのコースを6周回の36Kmのレースで40名が出走。
序盤から積極的に前に出る作戦を立てていましたが、

上かも下からも雨が降っているようなコンディション。

なかなか前に上がることができませんでした。

そして、とにかく下りが怖い。
スパッとタイヤを持っていかれない様、

神経と研ぎ澄ませて走行しました。
まとまって走っていた集団も、

中間スプリントポイントを獲りに行く為、活性化。

集団が縦に伸び始める。

とはいえ飛び出すことはできず集団で最終局面へ。

ゴールスプリントで寸前まで3位をキープしていましたが、

最後の最後に刺され4位でフィニッシュ。

 

 

2日目はユースカテゴリーに出場。
全日のレースとは違い、年齢が近いためギア規制もほぼ一緒。

高校生のほうが少し多めにギアを掛けられるかな?といったところです。

路面はウェットでしたが、天気は晴れ。
前日同様6周回の36Kmで争われました。

序盤はユースポイントの1・2位の選手が2名で逃げ、

それを集団が追うような状況。

息子は2周目まで集団で待機していましたが、
3周目の中間スプリントポイントを獲得すべくアタック。

全力で引き離しにかかりましたが、

コントロールライン寸前のところで追撃してきた選手にパスされ

獲得できず、集団に戻りました。
最終周、1・2位は単独で逃げ、順位がほぼ確定状態。

3位の枠を巡り集団争いが繰り広げられ、集団でのスプリント。

結果5位でのフィニッシュとなりました。

 

6月28日に行われる全日本選手権に向け、

現在の実力も確認できたので良かったです。
課題も見つかりましたので

残りの時間を集中してトレーニングしていきたいと思います。

 

今まで完走するのがやっとでしたが、

SWUVを受けてからはほぼ一桁ゴール。

中間スプリントポイントを獲る為に

集団から飛び出す事もできます。
勝利まであともう少しです!

次回はレースレポートで良い報告ができるよう頑張りたいと思います。

 

~☆~~☆~~☆~~☆~

 

中学生の怜さん、惜しくも表彰台を逃しはしましたが

4位、5位・・・と好成績!!!

怜君にピッタリとあったポジション出し(S.W.U.V)で

怜君のパワーが最大限に引き出された成果でしょうね。

 

怜君の今後の活躍から、目が離せなくなりそうです!!!

サイクルジャムはこれからも怜君を応援します!!

 

 

~~お知らせ!~~

みんなでつくる自転車情報サイト・サイクルジャムでは

みなさまからのレースレポート・サイクリングレポートを募集中!

詳しくはコチラから 

みなさんの投稿お待ちしております!

 

Cyclejamでは、

更新情報やニュースをお届けするツイッターを配信中!

みなさん、フォローお願いします!!

@Cyclejaminfo

facebookもよろしくお願いします♪

https://www.facebook.com/cyclejaminfo

 

 

  

   

  


コメントは受け付けていません。