Cross Coffee×KINAN Cycling Team ファン交流会 KINAN Cycling Team レポート

シーズンの締めくくりを前にファン交流会に4選手が出席
思いがけない裏話も飛び出すなど特別な一夜に

 ©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

東京都稲城市のサイクルカフェ「Cross Coffee」を会場に、KINAN Cycling Teamの選手・スタッフが出席してのファン交流会が10月22日の夜に開かれた。シーズンを通して国内外でのハイレベルな戦いを演じてきたチームだが、この日ばかりはリラックスムード。こんな機会にしか飛び出さないような裏話や小ネタもあり、参加したファンにとっても、選手・スタッフにとっても特別な一夜を過ごした。

 

このイベントは、チームのウェアサプライヤーであるChampion System Japanさまの企画・運営のもと、同社が展開するカフェを会場にチームと熱い応援をしてくださるファンの方々との交流の機会として設けられた。出席については会場のキャパシティや座席数の関係からあらかじめ募集を行い、狭き門を潜り抜けた若干名のファンが招待されることに。また、今回ばかりは全力でもてなす側に回ったKINAN Cycling Teamからは、ジャパンカップサイクルロードレースとバンクリーグ・宇都宮ラウンドとを連戦した山本元喜、大久保陣、雨乞竜己、中島康晴が参加。加藤康則ゼネラルマネージャーと石田哲也監督も交流の席に着いた。

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

大きな拍手の中迎えられた選手・スタッフは、挨拶もそこそこに今シーズンをプレイバック。1月のシーズンインに始まり、このイベント直前に勝利を収めたツアー・オブ・ペニンシュラまで、数々のレースを振り返っていった。話題はレース結果にとどまらず、そこに至るまでのメンタル面での変化や、選手の体に起きていた変調までさまざま。ファンからは、日頃のレース観戦やレースレポートのチェックだけでは見えてこない、まさかの話題に次々と感嘆の声が上がっていた。

 

また、ときにレース運びにも影響を与えるレーシングジャージの機能性についても話が広がり、各選手好みのモデルを紹介したほか、近くシクロクロス参戦が控える雨乞からはワンピースタイプのジャージのメリットについても触れられた。

©︎KINAN Cycling Team / Syunsuke FUKUMITSU

決してビッグレース後のアフターパーティーの趣きだけに収まらないのが、KINAN Cycling Teamとファンとのミーティング。Cross Coffee特製の料理に舌鼓を打ちながらの歓談タイムや、チームアイテムのプレゼント、ハロウィンが間近とあって選手からのお菓子の配布など、参加者にとっては続々と目の前にやってくるアクティビティに飽きの来ない時間を過ごした様子。

 

そんな笑いあり、感動ありの夜は、選手・スタッフとの記念撮影やサイン・握手タイムで締めくくり。選手とファンとの垣根を払ったまたとない機会に、その場にいた誰もが閉会を惜しむほどだった。

 

なお、この日別枠で予定されていた交流ライドは、悪天候のためキャンセル。一日でも早く、“リベンジ”のチャンスをセッティングすることをチームとしても望んでいる。

  

   

  


コメントは受け付けていません。